全国約3,000ヵ所のキオスク端末を仮想化で結んだデータセンターサービス | RBB TODAY

全国約3,000ヵ所のキオスク端末を仮想化で結んだデータセンターサービス

エンタープライズ その他

基礎概念図
  • 基礎概念図
 フレパー・ネットワークスは、ソフィアホールディングスの100%子会社であるソフィア総合研究所と業務提携を行い、日本最大級となる全国約3,000ヵ所のキオスク端末を利用したデータセンターサービスの構築を開始すると発表した。

 フレパー社が広域負荷分散プラットフォームとして所有する全国のコンビニエンスストアなど、約3000箇所に設置されているキオスク端末の中にある、余剰リソースを有効活用するもの。ソフィア総合研究所は分散するそれぞれの端末をサーバ及びネットワークの仮想化技術によって結ぶ。

 ピーク時を見据えたハードウェア資源の準備が必要なくなり突発的なトラフィック増にも対応可能、 全国約3,000箇所ある遠隔地のいずれかにデータを分散して保存しているため、災害時にシステムが被害を受けても、リアルタイムでのシステム復旧・修復が可能などのメリットが考えられるとしている。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top