三洋、電話録音も可能な3WAYマイク搭載ボイスレコーダーなど | RBB TODAY

三洋、電話録音も可能な3WAYマイク搭載ボイスレコーダーなど

 三洋電機は10日、同社製デジタルボイスレコーダー「DIPLY TALK(ディプリトーク)」の新モデルとして、「電話録音」など3通りの使い方が可能な3WAYマイクを付属する「ICR-S279RM」およびFM/AMラジオチューナー搭載モデル「ICR-RB78M」の2製品を発表した。

IT・デジタル その他
【左】ICR-S279RM【右】ICR-RB78M
  • 【左】ICR-S279RM【右】ICR-RB78M
 三洋電機は10日、同社製デジタルボイスレコーダー「DIPLY TALK(ディプリトーク)」の新モデルとして、「電話録音」など3通りの使い方が可能な3WAYマイクを付属する「ICR-S279RM」およびFM/AMラジオチューナー搭載モデル「ICR-RB78M」の2製品を発表した。いずれも価格はオープンで、10月下旬発売。

今回発表された2製品はいずれも容量1GBのフラッシュメモリを内蔵し、MP3形式での録音に対応するボイスレコーダー。PCとの接続インターフェースはUSB2.0を装備し、WindowsVista/XP/2000/MEの各OSに対応する。

 ICR-S279RMは、「電話録音」「バイノーラル録音」「ポケット録音」といった3通りの使い方が可能な同社製3WAYマイク「HM-250」が付属するモデル。左右が独立したステレオマイクの片方を受話器を当てる側の耳に入れ、もう片方をクリップで胸元に取り付けることで電話録音に対応。また、クリップからマイクを両方はずし、それぞれを左右の耳に装着して録音することで、バイノーラル録音が可能なほか、左右のマイクをマイクホルダーにはめてタイピンマイクとして使用するポケット録音にも対応する。

 ボイスレコーダー機能として、音声を感知して自動的に録音を開始し、音声のない部分で録音を一時停止する「VAS」機能や、不要な部分のカットや必要な部分の抽出に対応する「ファイル分割」機能、「インデックスサーチ」機能などを搭載。そのほか、メニュー設定によるマイク/ライン入力の切り替えが可能で、ダイレクトエンコーディング機能に対応する。

 また、オーディオプレーヤーとしても利用可能で、MP3/WMA(DRM10対応)形式のファイル再生に対応。1曲リピート/フォルダ内全曲リピート/ランダムなどの再生パターンを選択できるほか、サウンドイコライザ選択、重低音BASS機能を搭載する。

 そのほかの仕様として、PCとのダイレクト接続に対応する270度回転可能なUSB端子を搭載。電源は単4形電池×1のほか、別売のUSBアダプタでのAC駆動にも対応。アルカリ電池使用時の電池持続時間は録音時が約30時間、ヘッドホン再生時は約26時間とした。本体サイズは幅30.6×高さ120.9×奥行き16mmで、電池を含む重さは57g。予想実売価格は20,000円。

 ICR-RB78Mは、マイク録音のほかに、ラジオ番組の録音に対応するモデル。毎日/毎週/1回(24時間以内)の3パターンから、計5プログラムのタイマー録音にも対応。日本語表示対応のバックライト付き液晶を装備するほか、「エリアバンド設定」「自動選局機能」「ダイレクト選局ボタン」など、使いやすさにこだわったラジオ選局機能を搭載する。また、MP3/WMA形式のファイル再生に対応しており、オーディオプレーヤーとしても利用できる。

 そのほかの仕様として、電源は単4形電池×2で、アルカリ電池使用時の電池持続時間は録音時が約13時間、ヘッドホン再生時は約19時間とした。本体サイズは幅42×高さ109×奥行き19mmで、電池を含む重さは82g。予想実売価格は25,000円。
《》

関連ニュース

特集

page top