日立、今後5年間でデータセンターの消費電力50%削減を目指すプロジェクト | RBB TODAY

日立、今後5年間でデータセンターの消費電力50%削減を目指すプロジェクト

エンタープライズ その他

 日立製作所の情報・通信グループは27日、データセンター省電力化プロジェクト「CoolCenter50(クールセンター50)」を本格的に立ち上げると発表した。同プロジェクトでは、今後5年間でデータセンターの消費電力を最大50%削減することを目標とし、専任組織「省エネセンタ推進部」を、情報・通信グループ アウトソーシング事業部内に本年10月1日付で設置する。

 情報・通信グループではサービスプラットフォームコンセプト「Harmonious Computing(ハーモニアス・コンピューティング)」の取り組みの中で、サーバでは仮想化によるサーバ統合、ストレージでは容量仮想化やHDD電源制御、ネットワーク機器ではLSIへの集積率を高めた集中エンジン方式などの省電力化技術開発を行い、省エネコンサルテーションサービスやシミュレーションサービス、センターの省エネ運用サービスなどを提供してきた。今回は、IT機器や空調機器などの装置・設備自体の省電力技術、IT機器の負荷に適応した空調制御などの消費電力の全体最適化技術、これらの機器を効率的に運用するための省電力化サービスなどを有機的に統合するための技術開発を、プロジェクトのもとで推進する。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top