シャープ、フルHD対応のBlu-ray Discレコーダー——業界最大1TBHDD内蔵 | RBB TODAY

シャープ、フルHD対応のBlu-ray Discレコーダー——業界最大1TBHDD内蔵

IT・デジタル レコーダー

上から、BD-HDW20とBD-HDW15
  • 上から、BD-HDW20とBD-HDW15
  • 左段がBD-AV1、右段がBD-AV10
 シャープは26日、フルHD対応のBlu-ray Discレコーダー「BD-HDW20」「BD-HDW15」と、ハイビジョン対応Blu-ray Discレコーダー「BD-AV10」「BD-AV1」を発表。BD-HDW20とBD-HDW15は12月1日発売。BD-AV10とBD-AV1は10月27日発売。価格はオープン。

 BD-HDW20とBD-HDW15は、デジタル放送やBlu-ray Discの映像を同社製液晶テレビ「AQUOS」で再現することを重視してつくられたHDD内蔵のBlu-ray Discレコーダー。HDD容量はそれぞれ1TB/500GB。HDDからBD-RE、BD-Rへのダビングにも対応している。青紫色高出力半導体レーザーの採用により、2層式BD-RE、BD-Rの録画/再生もできる。

 1080/24p入力対応機器と接続して、映画フィルムと同じコマ数の24コマ/秒のBlu-ray Disc映画ソフトの特長を活かした動きや、ボケの少ない滑らかな映像を再生する。そのほか、高速赤外線通信「IrSSTM」で、携帯電話やデジタルカメラで撮影した写真をワイヤレスでレコーダーへ転送することが可能。地上/BS 110度CSデジタルチューナー内蔵。

 録画時間は最大180/90時間。本体サイズは幅434×高さ68×奥行き343mm。重さは5.4/5.3kg。予想実売価格は300,000円/200,000円前後。

 BD-AV10とBD-AV1は、ビデオより簡単な操作でハイビジョン録画ができるBlu-ray Discレコーダー。ワンボタンで録画、再生、予約ができる「らくらく一発操作」や、ディスク残量がひと目でわかる「ディスクメーター」を装備。さらに、表面のボタン数を削減し使いたいボタンを迷わず見つけることができる「シンプルファミリモコン」など、取扱説明書を見なくても使用できるインターフェースを実現したという。

 カラーはBD-AV10がブラック/ホワイト/シルバー/レッド、BD-AV1がブラック/ホワイト/レッドが用意されている。録画可能メディアはBD-AV10はBD-REの1層/2層式、BD-AV1はBD-REの1層式のみに対応。

 本体サイズは幅430×高さ68×奥行き335mm。重さは4.2kg。予想実売価格は120,000円/100,000円前後。
《》

関連ニュース

page top