ソニー、ノイズキャンセル機能を搭載する「ウォークマン S」シリーズの新モデル | RBB TODAY

ソニー、ノイズキャンセル機能を搭載する「ウォークマン S」シリーズの新モデル

IT・デジタル その他

NW-S710Fの5カラーラインアップ
  • NW-S710Fの5カラーラインアップ
  • NW-S610Fの3カラーラインアップ
 ソニーは11日、「ウォークマン S」シリーズの新モデルとして、ノイズキャンセル機能などを搭載する「NW-S710F」と「NW-S610F」を発表。NW-S710Fは8/4/2GBの3モデル/5カラーが、NW-S610Fは4/2GBの2モデル/3カラーが用意されている。10月20日発売。価格はオープン。

 NW-S710FとNW-S610Fは、1.8型カラー液晶ディスプレイ搭載の携帯音楽プレイヤー。同日発表の同社製HDD コンポ「ネットジューク」およびUSB端子搭載オールインワンコンポ「CMT-M35WM」と組み合わせることで、PCを介さず直接同製品に音楽を転送できる機能を装備する。

 大口径13.5mm「EX ヘッドホン」が付属。また、高音域を補完する技術「DSEE」、左右の音の混在を抑制し本来のステレオサウンドを実現する「クリアステレオ」、音量を上げてもひずみのないメリハリのある重低音を再生できる「クリアベース」や、FMラジオ機能を搭載する。さらに、付属ソフトを使ってPCからビデオコンテンツを同製品に転送して再生できるほか、CD/MD プレーヤーなどから直接録音できる「ダイレクトエンコーディング」に対応する。

 NW-S710Fは「ノイズキャンセリング」機能も装備。周囲の騒音を4分の1に低減することを実現した。また、再生音の周囲への音漏れも防ぐ。

 両モデルの音声再生フォーマットは、MP3/ATRAC/WMA/AAC/ATRAC Advanced Lossless/HE-AAC。動画再生フォーマットは、AVC/MPEG4/AAC-LC。音楽ファイルの連続再生時間は33時間。動画ファイルの連続再生時間は9.5時間。本体サイズはNW-S710Fが幅42×高さ79.5×奥行き13mm/NW-S610Fが幅42×高さ79.5×奥行き11.5mm。重さは52g、50g。最大収録曲数は8GBが5,400曲、4GBが2,650曲、2GBが1,250曲。価格はNW-S710Fの8GBが27,000円/4GBが21,000円/2GBが17,000円、NW-S610Fの4GBが18,000円/2GBが14,000円。
《》

関連ニュース

特集

page top