プラネックス、国内初となるDraft IEEE802.11n対応のExpressCard無線LANアダプタ | RBB TODAY

プラネックス、国内初となるDraft IEEE802.11n対応のExpressCard無線LANアダプタ

IT・デジタル ノートPC

GW-EX300N
  • GW-EX300N
 プラネックスコミュニケーションズは10日、Draft IEEE802.11nに対応するExpressCard接続の無線LANアダプタ「GW-EX300N」を発表。9月中旬発売。価格は9,800円。

 同製品は、ExpressCard/54、34に対応した無線LANアダプタ。無線LAN規格はDraft IEEE802.11nの40MHz通信に対応。理論値で最大300Mbpsのスループットを実現する。また、これまで電波が微弱だった遠い場所や、障害物により死角となっていた場所でも3本のアンテナで電波を受信することで安定した接続が可能になるとしている。同社によると、Draft IEEE802.11n対応のExpressCard無線LANアダプタの発売は国内初だという。なお、Draft IEEE802.11nのほか、IEEE802.11b/gにも対応する。

 WPSに対応するため、無線LANの設定はPC側のユーティリティ操作だけで行える。セットアップは、音声ガイドに従うことで簡単に完了できる。セキュリティ機能としては、WPA/WPA2や64/128ビットのWEPをサポートしている。そのほか、ソフトウェアAP機能を搭載しているため、親機としてほかのネットワーク機器に接続することも可能だ。

 対応OSはWindows Vista/XP。本体サイズは幅34×高さ8×奥行き116mm。重さは24g。
《》

関連ニュース

特集

page top