ネットアップ、従業員数100〜1000人規模の中堅企業向けストレージ製品 | RBB TODAY

ネットアップ、従業員数100〜1000人規模の中堅企業向けストレージ製品

エンタープライズ その他

FAS2000シリーズ
  • FAS2000シリーズ
 日本ネットワーク・アプライアンスは7日、ストレージ製品「NetApp FASシステム」において、中堅企業向けの新製品「FAS2000シリーズ」を発売した。


 FAS2000シリーズは、エントリ向けの「FAS200シリーズ」の後継製品で、ストレージ容量が最大24.6TBの「FAS2020」、および最大69TBの「FAS2050」の2製品がラインナップされている。最小パッケージ構成の参考価格はそれぞれ347万7,000円、427万5,000円(いずれも税別)。

 FAS200シリーズからの変更点は、ストレージ容量が4倍以上に拡張されたほか、最大300MB/秒の転送帯域を持つHDDインターフェイス「SAS」を同社製品として始めて採用しているところだ。OSにはデータ保護、セキュリティ、リモート管理などの機能を備えた同社全製品共通のストレージOS「Data ONTAP」を搭載し、従来製品からのアップグレードやFAS3000シリーズ、およびFAS6000シリーズへのアップグレードが容易に行える。

 FAS2020の仕様は、ヘッドユニット内最大ディスクドライブ数が12、システムあたりの最大ディスクドライブ数が40。ECCメモリが2GB、対応ストレージプロトコルがFCP、iSCSI、NFS、CIFS。

 FAS2050の仕様は、ヘッドユニット内最大ディスクドライブ数が20、システムあたりの最大ディスクドライブ数が104。ECCメモリが4GB、対応ストレージプロトコルがFCP、iSCSI、NFS、CIFS。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top