東芝、業界最大クラス! 160GBの1.8型ハードディスクドライブを開発 | RBB TODAY

東芝、業界最大クラス! 160GBの1.8型ハードディスクドライブを開発

IT・デジタル ノートPC

左から、「MK1626GCB」と「MK8022GAA」
  • 左から、「MK1626GCB」と「MK8022GAA」
 東芝は6日、業界最大クラスとなる記憶容量160GBを達成した1.8型ハードディスクドライブ「MK1626GCB」を開発したと発表。1.8型ハードディスクドライブとしては達成。薄型タイプの80GB「MK8022GAA」も合わせて、今月サンプル出荷を開始した。

 同製品は、ポータブルメディアプレーヤーやデジタルムービーカメラなどに使用される小型ハードディスクドライブ。映像機器のハイビジョンの普及や高画質化により、大きなデータの保存の機会が増えたため、小型ハードディスクドライブの大容量化が求められている。そこで、磁気ヘッドとディスクの磁性層の改善により、記録密度を向上させたことで、小型ながら大容量を実現したという。

 また、コンシューマエレクトロニクス向けに最適化されたハードディスクドライブのインターフェース「CE-ATA」を採用している。

 本体サイズは、MK1626GCBが幅54×高さ8×奥行き71mm。MK8022GAAが幅54×高さ5×奥行き71mm。重さは59g、48g。
《》

関連ニュース

特集

page top