工人舎、タブレットPC「SH」シリーズにインテル A110(800MHz)を搭載した新モデル | RBB TODAY

工人舎、タブレットPC「SH」シリーズにインテル A110(800MHz)を搭載した新モデル

IT・デジタル ノートPC

SH8KPS3FBX1
  • SH8KPS3FBX1
  • SH8KP12F
 工人舎は4日、半導体ストレージデバイスのSSD を搭載したタブレットPC「SH8KPS3FBX1」「SH8KPS3ABX1」とHDD搭載「SH8KP12F」「SH8KP12A」の新モデルを発表。9月6日より順次発売。CPUにインテル A110(800MHz)を採用して従来モデルよりクロックアップを実現した。カラーはブラックとホワイトが用意されている。価格は239,800 円、219,800円、149,800円、129,800円。

 SH8KPS3FBX1とSH8KPS3ABX1は、データ保存デバイスを従来のHDDからNAND型フラッシュメモリーを使用した半導体ストレージデバイスのSSDを使用したタブレットPC。HDDのように衝撃や振動によるデータの破損・消失の心配がなく、HDDに比べOS 起動時間を約20秒短縮した。そのほか、無線LAN、ワンセグ対応TVチューナー、130万画素のデジカメ機能を装備。

 さらに、120GBのHDD内蔵の専用クレードルセットが付属する。SH8KPS3FBX1はOffice Personal Edition2007を搭載。

 OSはWindows Vista Home Premium。チップセットは945GU+ICH7U。メモリは1GB。SSD容量は32GB。インターフェースはミニD-Sub15ピン /マイク入力端子/ヘッドホン端子 /SDメモリーカード・メモリースティック各スロット/CFカードスロット(Type-II) /LANポート /USB2.0ポート×2など。無線機能は無線LAN IEEE802.11 b/g準拠 /Bluetooth Ver.2.0+EDR。バッテリー駆動時間は約3.3時間。ディスプレイはタッチスクリーン付7型ワイドTFT カラー液晶。解像度は1,024×600 ピクセル(XGA)。本体サイズは幅227×高さ25.4〜33×奥行き170mm。重さは953g(バッテリーなど含む)。発売は9月中旬。

 SH8KP12FとSH8KP12Aは、HDDタイプのタブレットPC。CPUのクロックアップに加え、HDD容量を120GBに増量した。ワンセグ対応TV チューナーやタッチスクリーン、130万画素カメラ機能に加え、3in1メディアカードスロット、CF カードスロット、USB2.0 ポート×2、LAN ポート、アナログCRT ポートなど多くのインターフェースを装備する。SH8KP12FはOffice Personal Edition2007を搭載。

 OSはWindows Vista Home Premium。チップセットは945GU+ICH7U。メモリは1GB。無線機能は無線LAN IEEE802.11 b/g準拠 /Bluetooth Ver.2.0+EDR。バッテリー駆動時間は約3.1時間。ディスプレイはタッチスクリーン付7型ワイドTFT カラー液晶。解像度は1,024×600 ピクセル(XGA)。本体サイズは幅227×高さ25.4〜33×奥行き170mm。重さは993g(バッテリーなど含む)。発売は9月6日。

初出時において誤りがありましたので、訂正します。
《》

関連ニュース

特集

page top