ソニー、デジタルハイビジョンチューナー内蔵HDDレコーダーなど——「BRAVIA」の背面取り付けも可能 | RBB TODAY

ソニー、デジタルハイビジョンチューナー内蔵HDDレコーダーなど——「BRAVIA」の背面取り付けも可能

IT・デジタル テレビ

BRX-A250
  • BRX-A250
  • BRX-NT1
 ソニーは29日、高画質テレビ「BRAVIA」と連携した「ブラビアユニット」の製品として、デジタルハイビジョンチューナーを内蔵したHDDレコーダー「BRX-A250」と、ネットワークテレビボックス「BRX-NT1」を発表。価格はオープンで、予想実売価格はBRX-A250が50,000円前後、BRX-NT1が30,000円前後。ともに11月20日発売。

 2製品ともに、「ブラビアリンク」機能に対応したBRAVIAとHDMIケーブルで接続することで、BRAVIAのリモコンから操作が可能。また、コンパクトボディを採用し、省スペースを実現するとともに、BRAVIA本体の背面に取り付けることも可能としている。

 BRX-A250は、地上/BS/110度CSデジタルチューナーを内蔵するHDDレコーダー。HDDの容量は250GBで、HD画質で約70時間の録画が可能。BRAVIAのリモコン操作で、視聴中の番組を約15秒戻って再生する「リプレイ」や、番組視聴中にワンボタンで録画が可能な「見て録」などを実行できる。そのほか、視聴、録画した番組を記憶し、視聴傾向を分析して好みにあった番組をピックアップする「おすすめ番組表」機能も備える。

 アンテナ入力は75ΩF型コネクタで、出力端子はHDMIを搭載。本体サイズは幅25.5×高さ5.2×奥行き14.8cmで、重さは1.6kg。テレビ用取り付けブラケット、同軸ケーブル付き分配器、HDMIケーブルなどが付属する。

 BRX-NT1は、BRAVIAのリモコン操作でVOD(ビデオオンデマンド)サービスの視聴が可能なネットワークテレビボックス。本体をブロードバンド回線につなぎ、テレビと接続することで、20,000タイトル以上のインターネット動画を視聴可能だとしている。対応予定サービスは、「アイビオ」「アクトビラ」「オンデマンドTV」「GyaO」「ギャオネクスト」「クラビット・アリーナ」「Gクラスタ」。

 インターフェースとして、HDMI/D4/光デジタル音声/アナログ音声/Ethernet/USBを備える。本体サイズは幅10×高さ18.4×奥行き12.5cmで、重さは470g。縦置きスタンド、テレビ用取り付けブラケット、HDMIケーブルなどが付属する。
《》

関連ニュース

特集

page top