【スピード速報】ひかりONEがダウン速度で60Mbps超、Bフレッツ・CATV・無線も増速 | RBB TODAY

【スピード速報】ひかりONEがダウン速度で60Mbps超、Bフレッツ・CATV・無線も増速

ブロードバンド その他

単位はMbps。全体に増速傾向が見られ、ひかりONEは平均でも60Mbpsを超え過去最速の数字を叩き出している
  • 単位はMbps。全体に増速傾向が見られ、ひかりONEは平均でも60Mbpsを超え過去最速の数字を叩き出している
【スピード速報】はhttp://speed.rbbtoday.com/の1週間分の計測データをもとに各種の統計データを速報でお伝えする。このサイトはIXに計測専用サーバを置き、月間計測数は40万を超え、統計データとしても十分な精度と信頼性を持っている。

 今回は2007年7月31日〜8月6日の1週間に渡る測定データを用いてIPアドレスなどを用いた回線種別解析を行い、回線種別ごとの平均ダウンロード速度(ダウン速度)を算出し、過去のこの連載で算出した値と比較した。

 グラフを見てのとおり、全体に増速傾向が見られる。特に、ひかりONEは平均でも60Mbpsを超え過去最速の数字を叩き出した。ひかりONEは東京電力とKDDIのサービス結合によって発足以来、ダウン速度では頭打ちの様相だったが、一気に殻を破ったような伸びとなっている。

 これに対してFTTHシェアトップのBフレッツも着実に増速を続けている。FTTHの先駆けとして、初期の低速なインフラの影響は避けられないが、施設更新とカバーエリアの拡大による効果が出ていると言えよう。

 そして、無線インターネットのダウン速度のスピードアップも確実に進んでいる。この8か月で1.7倍近い急激な増速であり、ADSLを完全に抜き去ったと言って間違いない。

 また、CATVもインフラの刷新などにより頭打ちムードから増速に転じているようだ。今回の統計では15Mbpsを超えており、コストや付加価値を考えると「これなら(個人的に)光に変えなくても十分」という声が出ていてもおかしくない。今後のシェア変動への影響にも注目したい。
《平野正喜》

関連ニュース

特集

page top