Google、700MHz帯周波数の競売へ46億ドル以上で参加の意向 | RBB TODAY

Google、700MHz帯周波数の競売へ46億ドル以上で参加の意向

 米・Googleは20日(現地時間)、700MHz帯周波数の無線インターネットサービスの開始を目指し、46億ドル以上の投資を行うと発表した。

ブロードバンド その他
 同社特別プロジェクト最高責任者のChris Sacca氏が同社公式ブログ「The Official Google Blog」内で語ったところによると、同社はFederal Communications Commission(FCC)が開催する700MHz周波数帯の競売に46億ドルの最低入札価格で参加を予定しているという。ただし、ユーザーが望むインターネットサービスとアクセス機器を利用してファイルのダウンロードやサービスの利用が可能となるほか、700MHz帯周波数の無線インターネットサービスの卸売り、およびネットワーク内のどの地点においてもサードパーティによるアクセスが許可されることといった、「オープンアプリケーション」、「オープンデバイス」、「オープンサービス」、「オープンネットワーク」の4つを競売への入札条件としてを挙げている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top