キヤノン、短焦点+1.6倍ズーム搭載の企業向け小型プロジェクター——狭い会議室でも快適使用 | RBB TODAY

キヤノン、短焦点+1.6倍ズーム搭載の企業向け小型プロジェクター——狭い会議室でも快適使用

IT・デジタル テレビ

LV-7265
  • LV-7265
 キヤノンは25日、企業向けプロジェクター2モデルを発表。「LV-7265」と「LV-7260」で、7月上旬より順次出荷する。価格はLV-7265が260,400円、LV-7260が186,900円。

 2モデルともに、会議や打ち合わせなどでの使用を想定した企業向けプロジェクター。1.6倍ズームレンズを搭載し、2.2m先のスクリーンに80型の投写が可能だ。小会議室やミーティングルームでも活用できるとしている。

 起動から約8秒で映像の表示が可能。使用後は約30秒でクールダウンを完了する。円滑なプレゼンテーションをサポートするという。また、プレゼンテーションや映像に集中できるように静音性に配慮。無人のオフィスと同等だという29dBの静音モードの設定が可能だ。そのほか、壁色に合わせて色調整ができる「スクリーン色補正機能」を備える。

 主な共通スペックとして、映像素子は透過型液晶パネル(TFT)。コントラスト比は600:1。画面サイズは25〜300型に対応。表示可能解像度は、アナログRGB信号入力時で1,024×768ピクセル。ワイヤレスリモコン、PC接続ケーブル、マウスレシーバー、キャリングバッグなどが付属する。

 LV-7265は、輝度が2,500ルーメン。インターフェースとして、ミニD-Sub15ピンのほかにDVI-Iも備え、デジタルRGB入力に対応する。本体サイズは幅310×高さ109×奥行き265mm。重さは3.1kg。

 LV-7260は、輝度が2,000ルーメン。DVI-Iは非搭載。本体サイズは幅310×高さ109×奥行き265mm。重さは3kg。
《》

特集

page top