日本HP、中規模ワークグループ向けカラーレーザー複合機——30枚/分の高速印刷と低コストを実現 | RBB TODAY

日本HP、中規模ワークグループ向けカラーレーザー複合機——30枚/分の高速印刷と低コストを実現

IT・デジタル ノートPC

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は11日、企業向けのカラーレーザー複合機「HP Color LaserJet CM4730MFP」を発表。7月上旬に出荷を開始する。
  •  日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は11日、企業向けのカラーレーザー複合機「HP Color LaserJet CM4730MFP」を発表。7月上旬に出荷を開始する。
 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は11日、企業向けのカラーレーザー複合機「HP Color LaserJet CM4730MFP」を発表。7月上旬に出荷を開始する。

 HP Color LaserJet CM4730MFPは、カラー印刷のほか、コピーやスキャン、ファクス機能を備えたA4カラーレーザー複合機。15人程度の中規模ワークグループでの使用に最適だとしている。印刷スピードはカラー、モノクロともに30枚/分を実現し、生産性を向上。また、カラー印刷で1枚約12円、モノクロ印刷で1枚約2円と、低ランニングコストを実現している。

 そのほか、スキャンしたドキュメントは、メールやネットワーク上のPCの指定フォルダに送信ができる。また、ネットワークのどこからでも機器の監視やトラブルシューティングが可能。効率的な印刷環境を実現するという。

 給紙容量は標準で1,600枚。排紙容量は500枚。本体サイズは幅788×高さ1,153×奥行き639mm。重さは124kg。価格は890,400円。
《》

特集

page top