muPass、総務省の「u-Japanベストプラクティス2007事例」に選出 | RBB TODAY

muPass、総務省の「u-Japanベストプラクティス2007事例」に選出

 サミーネットワークスは1日、総務省が推進する「u-Japan政策」の一環として生活やビジネスの様々な課題を解決するICTサービス・システム活用例の普及啓発を行う「u-Japanベストプラクティス2007事例」に同社のデータ配信サービス「muPass」が選出されたと発表した。

エンタープライズ その他
muPassプラットフォームを利用したビジネスの流れ(BtoCの場合)
  • muPassプラットフォームを利用したビジネスの流れ(BtoCの場合)
 サミーネットワークスは1日、総務省が推進する「u-Japan政策」の一環として生活やビジネスの様々な課題を解決するICTサービス・システム活用例の普及啓発を行う「u-Japanベストプラクティス2007事例」に同社のデータ配信サービス「muPass」が選出されたと発表した。

 muPassは、デジタルコンテンツを著作権を保護した状態で携帯電話から外部機器への赤外線転送を可能とするアプリケーションプラットフォーム。データへの課金機能を備え、現在、NECアクセステクニカや象印マホービン、リンナイなど35社の参画企業と三洋電機製IHクッキングヒーター・留守番電話、セイコーエプソン製プリンタカラリオシリーズ、バンダイ製女児向け玩具スーパーメルプチMなど10の搭載製品で展開されている。
《富永ジュン》

特集

page top