ブルレー、WifiとBluetoothを搭載したウルトラモバイルPC——7時間のバッテリー駆動を実現 | RBB TODAY

ブルレー、WifiとBluetoothを搭載したウルトラモバイルPC——7時間のバッテリー駆動を実現

 ブルレーは1日、韓国Raon Digital製のUMPC(ウルトラモバイルPC)「Everun」の発売を発表。7月発売予定。価格は109,800円からを予定しているという。

IT・デジタル ノートPC
 ブルレーは1日、韓国Raon Digital製のUMPC(ウルトラモバイルPC)「Everun」の発売を発表。7月発売予定。価格は109,800円からを予定しているという。
  •  ブルレーは1日、韓国Raon Digital製のUMPC(ウルトラモバイルPC)「Everun」の発売を発表。7月発売予定。価格は109,800円からを予定しているという。
 ブルレーは1日、韓国Raon Digital製のUMPC(ウルトラモバイルPC)「Everun」の発売を発表。7月発売予定。価格は109,800円からを予定しているという。

 同社は、Raon Digital製のUMPCとしては、すでに「Vega」を販売している。今回発表されたEverunは、新たにWifiとBluetoothが搭載されている。環境しだいですぐにネット接続が可能だ。また、UMPCに求められるバッテリー駆動時間の向上も実現。標準バッテリーで7時間、大容量バッテリーで12時間の駆動が可能だとしている。

 ディスプレイの右側にフルキーボードを搭載。ファンクションキーはディスプレイ左側に配置している。画面を回転させることにより、横画面/縦画面の両方で使用が可能だ。キーボード上の文字は、縦横どちらの使用でも見やすいような角度で印字されている。ディスプレイは4.8型液晶で、解像度は800×480ピクセル(WVGA)。タッチパネルに触れて画面の操作が可能。オプティカルマウスやマウスキー、ナビゲーションキーでの操作もできる。

 OSはWindows XP Home。CPUはGeode LX 900(600MHz)。メモリは512MB(最大1GB)。6GBのSSDを搭載しているが、オプションで60GBHDDの選択、もしくは両方の搭載も可能。本体サイズは幅170×高さ83×奥行き25mm。重さは460〜500g。
《》

特集

page top