ライブドアとターボリナックス、wizpy向けネットアニメ配信で協業 | RBB TODAY

ライブドアとターボリナックス、wizpy向けネットアニメ配信で協業

ブロードバンド その他

 ライブドアとターボリナックスは24日、PCソフトウェア一式を持ち運ぶことができる携帯OS機能と、動画や音楽再生などのマルチメディアプレイヤー機能を持つターボリナックスの新製品「wizpy(ウィズピー)」向けに、同製品に対応した形式で「livedoor ネットアニメ」の作品を配信するサービスを開始したと発表した。

 wizpyとは、これまでの常識であるPC(ハードウェア)ひとつに対しOS(ソフトウェア)ひとつという考え方から、OSひとつを持ち歩くことで不定数のPCを利用できるという、新しいコンセプト「PC2.0」を実現する次世代型のデバイス。携帯性に優れた50グラムほどの小さなデバイスで、自分のPCソフトウェア環境一式を特定のPCに束縛されることなく自由に携帯することができるのが特徴だ。メガヒット作「やわらか戦車」を初めとするlivedoor ネットアニメの作品が、このwizpyに対応するということで、移動時などのwizpy単体で利用する際にもマルチプレーヤー機能で常に再生することが可能になるというものである。

 今回、livedoor ネットアニメの作品をwizpyに対応させるという協業を行った理由は、社会現象的な人気を得た「やわらか戦車」がくちこみで広まっていったことからわかるように、wizpyのポータビリティとの親和性が高いからとのこと。端的に言ってしまえば、wizpyを利用すれば、livedoor ネットアニメを外出先に持って行って、友人・知人に見せてあげられる、というわけだ。

 また、wizpy対応形式で提供される作品は、wizpyのネットワークサービス「wizpyClub」で紹介。ユーザーは手軽にwizpy対応形式のネットアニメをダウンロードできる仕組みが用意される形だ。
《デイビー日高》

関連ニュース

特集

page top