富士通フロンテック、世界初のカラー電子ペーパーを採用した携帯情報端末 | RBB TODAY

富士通フロンテック、世界初のカラー電子ペーパーを採用した携帯情報端末

IT・デジタル その他

携帯情報端末 「FLEPia(フレッピア)」
  • 携帯情報端末 「FLEPia(フレッピア)」
 富士通フロンテックは20日、富士通研究所と共同で開発したカラー電子ペーパーを採用した携帯情報端末 「FLEPia(フレッピア)」を製品化し、サンプル販売を開始した。カラーの電子ペーパーを搭載は世界初で、A4タイプ(12型パネル)とA5タイプ(8型パネル)の2種類を用意。A5タイプは薄さ12mm、重量320g、最大50時間の連続使用を実現している。また、4ギガバイトのSDメモリーカード(別売)によって、新聞1年分、漫画週刊誌2年分、新刊書5,000冊分に相当するコンテンツを携帯することがでるとしている。

 A4タイプ(12型パネル)とA5タイプ(8型パネル)とも768ドット×1,024ドット(XGA)の解像度で8色または4,096色のカラー表示に対応。本体色として、ホワイトパール、ピンクパール、シルバーの3色のカラーバリエーションを用意している。電源がなくても静止画像を半永久的に表示することが可能だが、画面の表示や書換えのみに電力を使用する。1回の充電作業で50時間のコンテンツ表示を行うことができる(コンテンツ表示間隔を1分として、8色のカラー画像を3,000ページ表示させた場合)としている。

 外部インターフェースは、11/54MbpsのIEEE802.11b/gの無線LAN、USB 2.0(480Mbps) 準拠のUSB mini-Bコネクタ、SDメモリーカードスロットを用意。マイクロソフトの日本語版Windows CE5.0を搭載している。文字入力については、ソフトウェアキーボードとタッチペンを用意している。価格はA5サイズが税込み157.5万円(10台あたり)、A4サイズが税込み262.5万円(10台あたり)。出荷開始は10月となっている。5月17日(木曜日)、18日(金曜日)に開催される「富士通フォーラム2007」に出展する。
《RBB TODAY》
page top