FON、サービス開始後約4か月で国内アクセスポイント数1万を突破 | RBB TODAY

FON、サービス開始後約4か月で国内アクセスポイント数1万を突破

ブロードバンド その他

 フォン・ジャパンは11日、WiFiコミュニティープロジェクト「FON」の日本国内の無線LANアクセスポイント数が、3月30日をもって1万か所を突破したと発表した。

 FONは、Foneroと呼ばれる会員同士が無線LANアクセスポイントを公開し、インターネット接続を共有することにより、無線LANが利用できるエリアを広げる国際的プロジェクト。日本国内では2006年12月5日にサービスが開始され、2007年4月8日には1万691か所となった。なお、このアクセスポイント数はドイツ、アメリカに次ぐ世界第3位の多さだ。

 同社では、このアクセスポイント数の伸びをBB.excite、isao.net、BIP、ZOOTなどのISPとの提携やFON専用無線ルーター「La Fonera」の販売チャネルの拡大、ブロガーイベントやmylo、Skypeとの共同体験イベントなど、積極的な普及活動が大きく影響しているとしている。

 今後は、2007年12月末までに7万5,000箇所のアクセスポイント設置を目指すとした。

 なお、同社ではアクセスポイント数1万か所突破を記念して、4月14日限定で「1Dayキャンペーン」を実施する。同社直販サイト「フォンショップ」にて、0時から24時までの申込み分に限りLa Foneraを無料提供(送料別)するほか、九十九電機9店舗にて500円で販売する。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top