NTT、世界初の放送・プロ向けH.264リアルタイムコーデックLSI!NAB2007で展示 | RBB TODAY

NTT、世界初の放送・プロ向けH.264リアルタイムコーデックLSI!NAB2007で展示

ブロードバンド その他

開発コード名はSARA(Super Advanced Real-time CODEC Architecture for H.264 professional implementations)
  • 開発コード名はSARA(Super Advanced Real-time CODEC Architecture for H.264 professional implementations)
 日本電信電話(以下、NTT)は6日、ハイ4:2:2プロファイルに対応した、HDTVに適用可能なリアルタイムコーデックLSIを世界で初めて開発したと発表した。開発コード名はSARA(Super Advanced Real-time CODEC Architecture for H.264 professional implementations)。4月16日から米国ラスベガスで開催される国際放送機器展(NAB2007)で展示する。

 1チップでSDTV相当の処理を行いマルチチップでHDTVを処理する、放送・プロ向けH.264リアルタイムコーデックLSIで、複数チップ間のリアルタイムコーデック処理の協調動作やストリームの多重分離処理によるマルチチップ拡張機能をチップ内に内蔵し、チップ搭載システムの構成と制御の簡単化を実現。4:2:0フォーマットの2倍の色情報を有する4:2:2フォーマット映像処理を葉書サイズモジュールで実現しているという。

 MPEG-2からH.264へのリアルタイムトランスコード機能も特徴となっており、放送局などの膨大なMPEG-2映像資産を今後のH.264映像配信サービスや地上デジタル放送のIP同時再送信などでの活用にも応えることができるとしている。

 NTTでは同チップ搭載システム装置について、映像配信サービスや地上デジタル放送のIP同時再送信での利用に向けて検証を重ねながら、今年度第3四半期にNTTエレクトロニクスから販売開始予定としている。
《RBB TODAY》

特集

page top