上村愛子はデジタル一眼レフ愛用。写真展プレス発表 | RBB TODAY

上村愛子はデジタル一眼レフ愛用。写真展プレス発表

 3月17日から開催されるキヤノン主催の「AIKO with Kiss〜上村愛子展」の記者会見が16日に開催。フリースタイルモーグルスキーヤー・上村愛子が出席した。

IT・デジタル その他
愛用の「EOS KissデジタルX」を手にした上村愛子
  • 愛用の「EOS KissデジタルX」を手にした上村愛子
  • 記者会見での1コマ。愛機「EOS KissデジタルX」は手放さない
  • 合宿先のスイスで撮影した写真を解説。「標高2000mくらいの場所。空が近いので“青色”が違います」
  • 展示物の説明を。「キレイな風景写真はリラックス用です」
  • 来場者が応援メッセージを書き込めるフラッグの前で。まずは上村自身がサイン
  • 来場者は、上村との合成ツーショット写真を作ることができる
  • 上村が休暇中に撮影した風景撮影
  • 海、空の“青”がまぶしい上村お気に入りのカット
 3月17日から開催されるキヤノン主催の「AIKO with Kiss〜上村愛子展」の記者会見が16日に開催。フリースタイルモーグルスキーヤー・上村愛子が出席した。上村は普段から、デジタル一眼レフカメラ「EOS KissデジタルX」や、コンパクトデジタルカメラ「IXY DIGITAL」「PowerShot」を愛用。写真展では、上村が撮影した写真や、プロカメラマンが撮った上村の写真が展示される。

 上村は会見で「自分で撮った写真が大きく展示されるのは初めてです。恥ずかしさとうれしさを感じます。普段から、悩みがあるときに見ると和めるような景色を撮っています。写真を見てくれた人が、和むというか、楽しい気持ちになってくれたらうれしいです」と語った。

 写真については、高校生のころからインスタントカメラでの撮影を楽しんでいて、20歳ごろから一眼レフカメラを使い始めたという。「一眼レフとコンパクトは使い分けています。すごくいい景色に出合えると思うときは、デジタル一眼レフを持って出かけます。気軽に歩いたり、買い物に行くときはコンパクトを持っていきます」というこだわりをもつ。

 会場には、上村が休暇中や合宿先で撮った写真や、「光」「雪」「空」をテーマに国内外で撮影した風景写真が展示される。また、プロカメラマンの水谷たかひと、矢田部裕が撮影した上村の写真、さらには上村の幼少期からの成長の軌跡を写したショットも展示される。

●「AIKO with Kiss〜上村愛子展」
・日程:3月17日〜31日(日曜祝日は休館)
     10時〜17時30分
・場所:キヤノンSタワー2階オープンギャラリー
・入場無料
《》

特集

page top