バッファロー、ホームユース向けテラサーバなど2製品——2TBモデルを10万円台 | RBB TODAY

バッファロー、ホームユース向けテラサーバなど2製品——2TBモデルを10万円台

IT・デジタル ノートPC

HS-DHTGL/R5
  • HS-DHTGL/R5
  • HD-PLU2/UC
 バッファローは28日、RAID5対応LAN接続HDD「HS-DHTGL/R5」シリーズ2機種とUSB接続ポータブルHDD「HD-PLU2/UC」を発表した。発売時期はいずれも3月上旬を予定している。

●HS-DHTGL/R5
 ホームユースを想定してホームサーバ機能を搭載したRAID5対応LAN接続HDD。ギガビットネットワーク対応で、ホームサーバ機能により、DLNA(デジタルリビングネットワークアライアンス)対応のデジタル家電との接続もできる。ほかにiTunesサーバ機能やダイレクトコピー機能、プリンタサーバ機能なども採用。また、内蔵する4台のHDDのうち1台が故障した場合は、HDD交換によりデータを復旧できる。

 今回は2モデルが発表されており、「HS-DH1.0TGL/R5」は容量1.0Tバイトで価格は111,615円、「HS-DH2.0TGL/R5」は同2.0Tバイト、187,845円。対応OSはWindows Vista/XP/2000/Me/98SE/98/95/NT4.0、MacOS 10.3〜10.3.9、10.4以降。サイズは幅170×奥行き310×高さ235mm(足、突起物含まず)で、重さは約8kg。

●「HD-PLU2/UCシリーズ」

 HD-PLU2/UCはUSB接続のポータブルHDDで、容量は200Gバイト。衝撃吸収材によるフローティング構造と衝突時の衝撃を減少させる形状の耐衝撃バンパーボディを採用し、衝撃による損傷を軽減。パソコンのUSBポートからの電源供給で使えるバスパワー駆動のため、コンセントのない場所でも使用可能。また、USBケーブルを本体に巻付けてコンパクトに収納できるケーブル巻付け収納機構を取り入れている。さらに個人情報保護対策にも配慮し、暗号化ソフト「Secure Lock Ware」を導入。AES256bit方式でデータを暗号化して保存する。

 価格は33,285円。対応OSはWindows Vista/XP/Me/2000、MacOS X10.2.7以降。サイズは幅127×奥行き21×高さ83mm(突起物含まず)で重さは約225g。
《RBB TODAY》

特集

page top