マイクロソフト、Bluetooth対応キーボードとマウスのセットやワイヤレスヘッドセットなど5製品 | RBB TODAY

マイクロソフト、Bluetooth対応キーボードとマウスのセットやワイヤレスヘッドセットなど5製品

IT・デジタル ノートPC

Wireless Entertainment Desktop 7000
  • Wireless Entertainment Desktop 7000
  • LifeChat ZX-6000
  • Compact Optical Mouse追加色
 マイクロソフトは、Bluetooth対応のキーボードと充電式マウスセット「Microsoft Wireless Entertainment Desktop 7000」、PC用のマイク付きワイヤレスヘッドセット「Microsoft LifeChat ZX-6000」、長期にわたり人気のあるプラグアンドプレイマウス「Microsoft Compact Optical Mouse」の追加色、合計5機種を3月2日に発売する。価格はそれぞれ、1万9,740円、6,510円、1,995円。

 Wireless Entertainment Desktop 7000は、Bluetoothに対応しており、Windows Vista/XP/XP MCE向けのワイヤレスキーボードと充電式5ボタンレーザーマウスのセット製品になる。Bluetoothトランシーバの送受信範囲は半径約10mとなり、PCから離れた場所にあるソファなどから操作することができる。

 また、キーボードにはマウス機能が搭載されおり、キーボードのみですべての操作を行うことが可能。さらに、映画、音楽、写真などのデジタルエンターテイメントを離れた場所から楽しむWindows Media Center機能の操作時はポインタとカーソルの動作を切り替えることができる。

 Windows Vistaに対応したショートカットキーが搭載されており、ガジェット(時計やゲームなどのミニ アプリケーション)やスタートメニュー、Media Centerをワンプッシュで起動させることができる。また、カスタマイズ可能な5つの「ユーザー設定ホットキー」を搭載。頻繁に使う機能やWeb サイトのショートカットキーを割り当てることが可能。キーボードのサイズは、約200×450×18mm。

 マウスはチルトホイールを採用しており、上下だけではなく左右方向へのスクロールもでき、スクロールホイールを含む5つのボタンには、コピー、貼り付けなど、頻繁に使う機能を好みに合わせて割り当てることができる。バッテリー残量は、マウス中央のバッテリーステータスインジケーターが赤く光ることで知らせ、1回の充電で最大約4週間使用できる。さらに、バッテリーの無駄な消耗を防ぐために、マウス底面にある電源スイッチで電源を切ることも可能。 サイズは、約124×69×38mm。

 LifeChat ZX-6000は、インターネットの音声通話に適したPC用のマイク付きワイヤレスヘッドセット。2.4GHz無線テクノロジーを採用しており、半径最大約10mまで通信可能。Windows Liveメッセンジャーに最適化された「Windows Live Call」ボタンを搭載し、ボタンを押すだけでオンラインのユーザーを確認し、音声通話を開始することができる。また、電源や音量のスイッチは装着中でも操作しやすい位置にあり、通話中でも簡単に調節することが可能。

 さらに、ノイズキャンセルマイクを搭載しており、外側から入ってくる雑音を排除したクリアな音声での通信を追求している。また、左右どちらの耳にもフィットする滑らかなシームレスデザインとなっている。サイズは、約93×28×19mm。

 Compact Optical Mouseは、2004年1月に発売された光学センサーを搭載したデスクトップ向け3ボタンマウスで、新たにシルバー、ライトブルー、オレンジの3色が追加される。ソフトウェアのインストールが必要ないプラグアンドプレイのマウスで、パソコンのUSBやPS/2ポートに接続するだけで使うことができる。サイズは、約89×51×32mm。
《RBB TODAY》

特集

page top