パイオニア、1本315万円の民生用フラッグシップスピーカー「TAD Reference One」 | RBB TODAY

パイオニア、1本315万円の民生用フラッグシップスピーカー「TAD Reference One」

IT・デジタル その他

TAD Reference One
  • TAD Reference One
 パイオニアは、同社の高級スピーカーブランド「TAD(Technical Audio Devices)」の新ラインアップとして、民生用スピーカーシステムのフラッグシップモデル「TAD Reference One」を4月上旬に発売する。価格は315万円(1本)。

 TAD Reference Oneでは、トゥイータードームとミッドレンジコーンに、非常に軽量かつ高剛性に優れた素材「ベリリウム」を採用。また、TAD伝統の蒸着法を用いることにより、材料強度や均一性において一段と優れた性能を追求すると共に、内部損失が大きく卓越した減衰特性をも実現しているという。

 また、波形を正しく再生する、低歪で高リニアリティの25cmウーファーを搭載。磁気回路には小さな振幅から大きな振幅まで動作が安定し、高い駆動リニアリティを実現するOFGMS磁気回路を、振動板には構造体強度も含めて理想的な物性を得るためにTLCC3層構造アラミド振動板を採用している。

 TAD Reference Oneの主な仕様は以下のとおり。

●TAD Reference One
 型式:位相反転式フロア型
 スピーカー構成:3ウェイ方式
  −ウーハー:25cmコーン型×2
  −ミッド/トゥイーター:同軸16cmコーン型/3.5cmドーム型
 再生周波数帯域:21Hz〜100kHz
 クロスオーバー周波数:250Hz、2kHz
 出力音圧レベル:90dB(2.83V、1m自由空間)
 最大出力音圧レベル:115dB
 適合アンプ出力:50W〜300W
 公称インピーダンス:4Ω(minimum 4.1Ω)
 ユニット極性:低域(+)、中域(+)、高域(+)
 外形寸法・重さ:幅554×高さ1,293×奥行き698mm、150kg(1本)
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top