NTT Com、日米間のIPバックボーンが100Gbpsを突破 | RBB TODAY

NTT Com、日米間のIPバックボーンが100Gbpsを突破

ブロードバンド その他

 NTTコミュニケーションズは5日、2007年2月に日米間の国際IPバックボーンが業界最大のサービス容量となる100Gbpsを突破すると発表した。

 日米間の国際IPバックボーン容量は、1997年のサービス開始当初は45Mbps、2002年は5Gbps、2005年でも24Gbpsだった。ここ数年の爆発的なブロードバンド接続の普及と映像配信などの利用形態の多様化をうけて2006年には58Gbps、そして2007年には100Gbpsと1年ごとに容量がほぼ倍増する伸びを見せている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top