CIPA、カメラ製品の出荷見通しを公表——デジカメは堅調な伸び | RBB TODAY

CIPA、カメラ製品の出荷見通しを公表——デジカメは堅調な伸び

IT・デジタル デジカメ

 カメラ映像機器工業会(CIPA)は30日、カメラなどの品目別出荷に関する2006年実績と2007年から2009年の見通しについてまとめたものを公表した。

●デジタルカメラ

 まず、デジタルカメラの2006年実績では、全体の総出荷実績が約7,898万台(前年比21.9%増)となった。この結果は、レンズ一体型における機能の充実化と多様化、レンズ交換式一眼レフ型における積極的な新機種投入と低価格化などによるものだとしている。

 次に2007年出荷見通しでは、伸びはやや減少するものの引続き成長をしていくと考えられており、前年比約589万台増の約8,487万台(前年比7.5%増)と予測された。タイプ別内訳は、レンズ交換式一眼レフ型が約599万台(同13.9%増)、レンズ一体型は約7,888万台(同7.0%増)とされている。

 最後に2008/2009年については、主要な出荷地域である日欧米以外の地域が堅調な伸びを確保すると見通し、2008年は約8,853万台(前年比4.3%増)、2009年は約9,071万台(同2.5%増)とされた。また、タイプ別ではレンズ交換式一眼レフ型のほうが、レンズ一体型より高い伸び率になると予測している。

●一眼レフ用交換レンズ

 2006年の一眼レフ用交換レンズの総出荷実績は、デジタル専用レンズの旺盛な伸びに伴い約875万本(前年比24.2%増)となった。

 2007年については、レンズ交換式一眼レフデジタルカメラの伸びに伴い、デジタル専用レンズの比重を上げつつ成長を継続していくものと考えられており、約80万本増の約955万本(前年比9.1%増)と見通した。タイプ別の内訳としては、35mm用は約305万本(同7.7%減)、デジタル専用は約650万本(同19.3%増)となっている。

 また、2008/2009年の一眼レフ用交換レンズの総出荷は、レンズ交換式一眼レフ型デジタルカメラの伸びに伴い成長を継続していくものと考えられており、2008年は約1,007万本(前年比5.5%増)、2009年は1,037万本(同3.0%増)と緩やかな伸びになると予測された。

●銀塩カメラ

 2006年の銀塩カメラの総出荷実績は、約164万台で前年比69.6%減と大幅な減少を見せた。特に銀塩LSカメラ(主にコンパクトカメラ)は、約140万台で同71.0%減と減少傾向が著しく、2007年以降も減少傾向が続くと考えられている。このため、今後も一定の需要は継続すると予想されるが、CIPAとしてその出荷見通しを行うことは難しいと判断し、2007年以降は実績のみを発表するとしている。
《村上幸治》

特集

page top