ソーテック、Windows Vistaを搭載した店頭販売向け全28モデル | RBB TODAY

ソーテック、Windows Vistaを搭載した店頭販売向け全28モデル

IT・デジタル ノートPC

ワンセグチューナー搭載のWinBook WA
  • ワンセグチューナー搭載のWinBook WA
  • PC STATION BJ
 ソーテックは、Windows Vistaを搭載した春の店頭販売専用モデルとして、ノートPC2シリーズ、デスクトップPC2シリーズの計4シリーズ全28モデルを1月30日から順次発売する。

 シリーズラインアップは以下のとおり。

●ノートPC
・WinBook WA:新筐体を採用したワンセグチューナー搭載エンターテインメントノート(134,800円〜、2月10日発売)
・WinBook WH:スタンダードワイドノート(89,800円〜、2月3日発売)

●デスクトップPC
・PC STATION BJ:2006-2007年グッドデザイン賞を受賞したスタイリッシュスリムタワー(89,800円〜、1月30日発売)
・PC STATION PX:ハイパフォーマンスマイクロタワー(64,800円〜、2月3日発売)

 今回の春モデルでは、全28モデルのうち11モデルに「Windows Vista Home Premium」、17モデルに「同 Home Basic」を搭載。また、最新の統合ビジネススイートソフト「Office Personal 2007」搭載モデルに加え、「Office Personal 2007 with Office PowerPoint 2007」搭載モデルも用意されている。

 WinBook WAシリーズ(2機種6モデル)は、ワンセグチューナーと15.4型ワイド(1,280×800ドット)輝き液晶ディスプレイを搭載したシリーズ。ワンセグ用アンテナとして利用環境にあわせて選べる3種類を用意しており、家庭内外でワンセグ放送を楽しめルのが特徴となっている。また、Centrino Duoモバイルテクノロジーに対応し、Core 2 Duoと併せ、高度な処理性能と省電力性を発揮するとしている。

 WinBook WHシリーズ(2機種6モデル)は、15.4型ワイド(1,280×800ドット)輝き液晶ディスプレイを搭載しながらも、重さ約2.6kg、幅326mmのコンパクトなボディを実現したスタンダードワイドノート。Celeron M 410をはじめ、DVDスーパーマルチドライブ、無線LANといった機能を備えながらも、最廉価モデルは89,800円というコストパフォーマンスの高さが特徴となっている。

 PC STATION BJシリーズ(3機種12モデル)は、高いデザイン性とコストパフォーマンスが特徴のスリムタワーデスクトップPCと、17型液晶ディスプレイまたは19型ワイド輝き液晶ディスプレイをセットにしたシリーズ。CPUには、Celeron D 331、HTテクノロジー Pentium 4 631、Core 2 Duo E4300をそれぞれの機種に搭載するほか、DDR2メモリやSerial ATA対応HDDなど性能の高いパーツを採用している。

 PC STATION PXシリーズ(4機種4モデル)は、高い拡張性とグラフィックス性能を備えたハイパフォーマンスマイクロタワー。ケースの角を丸めたラウンドフォルムに、鏡面仕上げのピュアホワイトを配色するのに加え、電源部に施されたブルーLEDと併せ、高級感あふれる質感に仕上げられている。また、CPUにはCeleron D 331、Pentium D 820/915、Core 2 Duo E6300をそれぞれの機種に搭載し、用途や予算にあわせて選べるラインアップ構成となっている。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top