携帯電話の電波は細胞・遺伝子への悪影響をおよぼさないとの実験結果 | RBB TODAY

携帯電話の電波は細胞・遺伝子への悪影響をおよぼさないとの実験結果

ブロードバンド その他

 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの携帯電話事業者3社は24日、携帯電話の電波は細胞や遺伝子への影響はなく、がん化を引き起こさないとの細胞実験の結果を発表した。

 同実験は、2002年11月から三菱化学安全研究所に委託して実施されているもの。異なる特徴を持つ4種類のヒト由来の細胞とほ乳類の細胞1種類を使用し、細胞内の約2万個の遺伝子すべてを解析評価することで実験が行われている。2005年4月26日には、細胞の増殖、遺伝子の働き、DNS鎖切断などへの影響はないという中間報告が行われた。今回の発表では、細胞のがん化作用(形質転換)やストレス、細胞死の誘導(アポトーシス)に関する遺伝子やタンパク質への影響は確認されなかったほか、携帯基地局の電波の防護指針値と同レベルから10倍相当の強度で試験を行っても影響は見られなかったとしている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top