アイ・オー、Vistaに対応したATAPI/USB2.0接続Blu-ray Discドライブ | RBB TODAY

アイ・オー、Vistaに対応したATAPI/USB2.0接続Blu-ray Discドライブ

IT・デジタル ノートPC

内蔵型Blu-ray Discドライブのホワイトモデル「BRD-AM2S」
  • 内蔵型Blu-ray Discドライブのホワイトモデル「BRD-AM2S」
  • USB2.0接続の外付型Blu-ray Discドライブ「BRD-UM2S」
 アイ・オー・データ機器は、Windows Vistaに対応したATAPI接続内蔵型Blu-ray Discドライブのホワイトモデル「BRD-AM2S」とブラックモデル「BRD-AM2SB」、USB2.0接続の外付型Blu-ray Discドライブ「BRD-UM2S」を2月上旬に発売する。価格はそれぞれ7万9,800円、7万9,800円、8万5,000円。

 これら3製品はいずれも、記録型Blu-ray Disc/DVD/CDに対応したマルチドライブだ。片面2層Blu-ray Discにも対応する。ドライブは、パナソニック四国エレクトロニクス製Blu-ray Discドライブ「SW-5582」。市販Blu-rayタイトルの再生や作成したBlu-ray Discメディアの民生機での再生に対応するほか、添付ソフト「B's Recorder GOLD9 BASIC」を利用すればBlu-ray Discメディアにパスワード設定やデータ暗号化といったセキュリティをかけられる。

 サイズと重さは、BRD-AM2SとBRD-AM2SBが146×190×31.4mm、1.0kg、BRD-UM2Sが170×270×50mm、1.7kg。Windows Vista対応のソフト「Ulead DVD MovieWriter 5 BD version」「B's Recorder GOLD9 BASIC」「B's CLiP」が付属する。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top