家族で会社見学〜gooオープンハウス開催 | RBB TODAY

家族で会社見学〜gooオープンハウス開催

エンタメ その他

コミュニケーション事業本部で子供たちが見せてもらったのは、TV会議システム「ワープビジョン」。お父さん・お母さんが働いている会社は、技術力を有したIT会社なんだけど……わかったかな?
  • コミュニケーション事業本部で子供たちが見せてもらったのは、TV会議システム「ワープビジョン」。お父さん・お母さんが働いている会社は、技術力を有したIT会社なんだけど……わかったかな?
  • キッズgooでは、いろいろなものをもらえて持てなくなるほど。もらうだけもらって、お父さん・お母さんにすぐパス
  • キッズgooのキャラクター「ぐっぴょん」を描く子供たち。ホワイトボードなのにかなり上手。イラスト・デザイン担当のスタッフの方も感心していた
  • 家族対抗2択クイズ大会。NTTレゾナントに関する問題が出題され、中には総社員数は845人か847人か、といった社員のお父さん・お母さんもカンに頼る難問(?)も
  • サラリーマン(だけではないが)の最初の大事な挨拶といえば名刺交換。20年ほど先のことを想定して、今から英才教育!?
  • 最後は、家族揃って表彰式。キミたちのお父さん・お母さんは、会社になくてはならない重要な人材なのだ
 ポータルサイトgooを運営するNTTレゾナントは5日、夏休みや冬休みなどに実施している、社員の家族を会社へ案内するイベント「gooオープンハウス」の第4回を実施した。上は小学校4年生、下はまだ生後何か月という赤ちゃんまで多数の子供たちが参加。実に、にぎやかなイベントになった。

 同イベントは、同社社員の家族(両親、パートナー、子供)を会社に招待し、会社で担当している業務を紹介したり、同僚・上司・部下に実際に会ってもらったり、また社員の家族の日頃の協力に対する感謝を伝えるというコンセプトのイベント。今回も含め、大多数の方が、お子さんを連れてきて、お父さんやお母さんの仕事をより詳しく見てもらうという感じだ。

 実際、イベントを担当したスタッフもそのあたりを心得ており、社内の部屋ごとにキリンやゾウなどの動物のイラストを貼り、子供たちが「〜の部屋」と覚えやすいように工夫してある。中には記憶力抜群で、事前に渡された地図で部屋のつながりを覚えてしまっていたりする子も。自分で先頭になって歩いていく子もいれば、お父さんお母さんに手を引っ張られてヨチヨチ歩いていく子もいて、社内には「かわいい〜」という声が飛び交い、ほんわかムードであった。

 今回はコミュニケーション事業本部の社員の方たち6家族が参加。同社入口すぐに設けられたイベント会場から、200メートル近い距離を歩いて、一番離れた部署に設置してあるTV会議システム「ワープビジョン」を使って、麻布にある同事業本部の別部署のお姉さんと、動物当てクイズなどを楽しんだ。

 また、メディア事業部キッズgoo部門では、非売品の特製ノートや手作りカレンダーセットをもらったり、ホワイトボードにキッズgooのキャラクター「ぐっぴょん」のお絵描きをしたりも。さらには、お父さん・お母さんの部署へ行って、同僚や上司の方たちと、事前に渡されていた名刺を使って名刺交換。中には、「いつもお世話になっております」などと頭を下げるできた子もいた。

 そしてその後は、家族揃って表彰式。クイズ大会やお菓子とジュースもあり、残り少ない冬休みの日記にはもってこいの1日となった。

 親(特に父親)の威厳が失われて久しいなどと言われる今日。また子供たちには、親がどんな仕事をしているか、なかなかわからないもの。ここはひとつ、あなたの会社でも、社員の家族を招待し、日頃の仕事内容や、同僚・上司・部下を紹介するイベントを企画してみてはいかがだろうか? 子供たちのお父さん・お母さんに対する理解も深まるし、社会教育にもなること間違いなし。そして社内もほんわかできる。そんな心温まるイベントであった。
《デイビー日高》

関連ニュース

特集

page top