日本HP、AMD製CPUとBTX規格を採用したデスクトップPC「dc5750 SF/MT」 51,450円から | RBB TODAY

日本HP、AMD製CPUとBTX規格を採用したデスクトップPC「dc5750 SF/MT」 51,450円から

IT・デジタル ノートPC

dc5750 SF
  • dc5750 SF
  • dc5750 MT
 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は4日、AMD製CPUを採用することで初期導入コストを抑えたエントリークラスのデスクトップPC「HP Compaq Business Desktop dc5750シリーズ」2モデルを発売した。

 ラインアップは、省スペース型筐体「dc5750 SF」と、マイクロタワー型筐体「dc5750 MT」の2モデル。価格はいずれも51,450円からで、各種CTO(注文仕様生産)に対応する。

 dc5750シリーズは、AMDプロセッサーの採用によるコストパフォーマンスの向上に加え、冷却効率とメンテナンス性に配慮したBTX規格の新筐体を採用したエントリークラスのデスクトップPC。

 CPUには、ユーザーニーズに応えられる幅広いラインアップとして、コストパフォーマンスを追求したSempron 3400+」から、高度な処理能力を持つデュアルコアCPUのAthlon 64 X2 5200+までを用意。

 そのほか、2画面出力対応のグラフィックス機能「RADEON XPRESS 1150チップセット」や、最大4Gバイトまで搭載できるDDR2対応メインメモリ、前モデルの約2倍のデータ転送速度を持つSerial ATA/300(7,200rpm)HDDなど、長期間の使用に耐える次世代標準の新テクノロジーにも対応する。
《村上幸治》

特集

page top