アンリツ、CATV事業者向けの帯域制御装置「フェアシェア PureFlow FS10 CATV」 | RBB TODAY

アンリツ、CATV事業者向けの帯域制御装置「フェアシェア PureFlow FS10 CATV」

エンタープライズ モバイルBIZ

 アンリツネットワークス(アンリツ)は14日、CATV事業者向けの回線制御装置「フェアシェア PureFlow FS10 CATV」を15日から販売すると発表した。同製品は、CATVインターネットにおいて、使用ユーザごとに均等に帯域を割り当てる装置。
  •  アンリツネットワークス(アンリツ)は14日、CATV事業者向けの回線制御装置「フェアシェア PureFlow FS10 CATV」を15日から販売すると発表した。同製品は、CATVインターネットにおいて、使用ユーザごとに均等に帯域を割り当てる装置。
 アンリツネットワークスは14日、CATV事業者向けの回線制御装置「フェアシェア PureFlow FS10 CATV」を15日から販売すると発表した。同製品は、CATVインターネットにおいて、ユーザごとに均等に帯域を割り当てる装置。CATV事業者が導入することで、上位回線の帯域を効率的に割り当てられるようになる。

 また、企業ユーザは帯域保証しつつ個人向けはベストエフォートにといった最低帯域割り当て、RFポートごとの帯域消費を監視し、株分けのタイミングを通知する機能などがある。

 なお、5日から幕張メッセで開催される放送機器のイベント「InterBEE 2006」と、22日からアジア太平洋トレードセンター開催される「ケーブルテレビショー in KANSAI」にて出展される。
《安達崇徳》
page top