ビクター、コントラスト比15,000:1を実現したD-ILAフルHDプロジェクター「DLA-HD1」 | RBB TODAY

ビクター、コントラスト比15,000:1を実現したD-ILAフルHDプロジェクター「DLA-HD1」

IT・デジタル テレビ

DLA-HD1
  • DLA-HD1
 日本ビクターは、新開発の0.7型フルハイビジョンD-ILAデバイスと新光学エンジンの組み合わせで、アイリス(絞り)機構なしのネイティブコントラストとして業界最高の15,000:1によるリアルな黒表現を実現した、D-ILAフルHDホームシアタープロジェクター「DLA-HD1」を1月下旬に発売する。価格は798,000円。

 DLA-HD1は、高性能ながら、レンズシフト機構や前面吸排気の採用により設置性を向上させたことで、本格的なシアタールームのみならず幅広い場所への設置を可能とした、輝度700ルーメンのホームシアタープロジェクター。2倍ズームに対応し、6畳間などスクリーンまでの距離を取れない部屋でも迫力の大画面が楽しめるという。

 また、映像ソースや好みに合わせ多彩に調整できる映像調整メニューの採用や、ボタン部分が光り、暗い部屋でも使いやすい自照式リモコンの採用など、使い勝手の向上も図られている。

 本体サイズは幅455×高さ172.5×奥行き418.5mm、重さは11.6kg。入力端子にはHDMI端子×2、コンポーネント端子、Sビデオ端子、コンポジット端子を装備。画面サイズは60〜200インチ(16:9)、投射距離は1.78m(60型)〜12.23m(200型)。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top