商品を携帯電話で撮影するだけでWebサイトに接続する「MagicFinder」 | RBB TODAY

商品を携帯電話で撮影するだけでWebサイトに接続する「MagicFinder」

エンタープライズ モバイルBIZ

 NTTアイティは10日より、 実物の商品や写真などをカメラ付携帯電話で撮影するだけで自動的に関連サイトに接続するシステム「MagicFinder(マジックファインダ)」の販売を開始すると発表した。
  •  NTTアイティは10日より、 実物の商品や写真などをカメラ付携帯電話で撮影するだけで自動的に関連サイトに接続するシステム「MagicFinder(マジックファインダ)」の販売を開始すると発表した。
 NTTアイティは10日より、 実物の商品や写真などをカメラ付携帯電話で撮影するだけで自動的に関連サイトに接続するシステム「MagicFinder(マジックファインダ)」の販売を開始すると発表した。

 「MagicFinder」は、あらかじめ登録されている商品などの立体物を、カメラ付携帯電話で撮影するだけで、 撮影画像の特徴から写っている立体物を認識し、これに関連づけられた商品サイトやキャンペーンサイトに自動的に接続し、顧客をナビゲーションするシステム。認識対象の登録は、対象商品などを撮影するだけでよい。

 認識対象数は500程度までで、認識率は70〜95%程度。販売価格は、最小構成(「ドコモ用携帯アプリ」+「撮影した画像を認識して接続先のURLを指定する MagicFinderサーバプログラム」)で500万円/システムから。ユーザは、専用iのアプリをダウンロードするだけで利用可能となる。

 なお、販売開始に先駆け、10月8日新木場のスタジオコーストで開催される、雑誌KERA主催のイベント「Individual Fashion Expo. II」において、Blythe(ブライス)人形のキャンペーンに本システムを提供予定となっており、こちらで実際に体験することが可能だ。
《冨岡晶》

特集

page top