KDDIとケーブルテレビBaycomが業務提携 -阪神間で0AB〜JのIP電話を提供 | RBB TODAY

KDDIとケーブルテレビBaycomが業務提携 -阪神間で0AB〜JのIP電話を提供

ブロードバンド その他
 KDDIとベイ・コミュニケーションズ(以下、Baycom)は15日、Baycomのケーブルテレビ網とKDDIのCDN(Contents Delivery Network)を利用した電話サービス「ベイコム ケーブルプラス電話」を2007年2月より開始すると発表した。

 ベイコム ケーブルプラス電話は、緊急通報や0AB〜J番号の利用などNTT加入電話と同等のサービスが受けられるうえに、既存のNTT加入電話から電話番号を変更することなく移行できる電話サービス。月額基本料金は1,396円、通話料金は市内通話・県内市外が3分間8.4円と、NTT固定電話の1,785円、8.925円/3分よりも低く設定している。また、au携帯電話から自宅への通話料が割り引きされる「au自宅割引」が適用される。

 サービスエリアは、大阪市西部、尼崎市、伊丹市、西宮市の約62万3,000世帯。

 今後、KDDIとBaycomは固定通信とモバイル通信の融合を実現する「FMCサービス」を加えた「多チャンネル+インターネット+携帯電話+固定電話=クワトロサービス」への拡大に向けてさらなる業務提携に取り組む予定だ。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top