Windows Vistaの一般向けリリースは07年1月で予定どおり -RC1プレス説明会 | RBB TODAY

Windows Vistaの一般向けリリースは07年1月で予定どおり -RC1プレス説明会

ブロードバンド その他

 マイクロソフトは、9月12日、都内にて9月1日にリリースされたWindows Vista出荷候補版1(RC1)に関するプレス説明会を開催し、Windows VistaにおけるRC1の位置付け、RC1配布による大規模なユーザー検証の施策、およびデモを交えた改善機能の紹介を行った。
  •  マイクロソフトは、9月12日、都内にて9月1日にリリースされたWindows Vista出荷候補版1(RC1)に関するプレス説明会を開催し、Windows VistaにおけるRC1の位置付け、RC1配布による大規模なユーザー検証の施策、およびデモを交えた改善機能の紹介を行った。
  •  マイクロソフトは、9月12日、都内にて9月1日にリリースされたWindows Vista出荷候補版1(RC1)に関するプレス説明会を開催し、Windows VistaにおけるRC1の位置付け、RC1配布による大規模なユーザー検証の施策、およびデモを交えた改善機能の紹介を行った。
  •  マイクロソフトは、9月12日、都内にて9月1日にリリースされたWindows Vista出荷候補版1(RC1)に関するプレス説明会を開催し、Windows VistaにおけるRC1の位置付け、RC1配布による大規模なユーザー検証の施策、およびデモを交えた改善機能の紹介を行った。
  •  マイクロソフトは、9月12日、都内にて9月1日にリリースされたWindows Vista出荷候補版1(RC1)に関するプレス説明会を開催し、Windows VistaにおけるRC1の位置付け、RC1配布による大規模なユーザー検証の施策、およびデモを交えた改善機能の紹介を行った。
  •  マイクロソフトは、9月12日、都内にて9月1日にリリースされたWindows Vista出荷候補版1(RC1)に関するプレス説明会を開催し、Windows VistaにおけるRC1の位置付け、RC1配布による大規模なユーザー検証の施策、およびデモを交えた改善機能の紹介を行った。
  •  マイクロソフトは、9月12日、都内にて9月1日にリリースされたWindows Vista出荷候補版1(RC1)に関するプレス説明会を開催し、Windows VistaにおけるRC1の位置付け、RC1配布による大規模なユーザー検証の施策、およびデモを交えた改善機能の紹介を行った。
  •  マイクロソフトは、9月12日、都内にて9月1日にリリースされたWindows Vista出荷候補版1(RC1)に関するプレス説明会を開催し、Windows VistaにおけるRC1の位置付け、RC1配布による大規模なユーザー検証の施策、およびデモを交えた改善機能の紹介を行った。
 マイクロソフトは、9月12日、都内にて9月1日にリリースされたWindows Vista出荷候補版1(RC1)に関するプレス説明会を開催し、Windows VistaにおけるRC1の位置付け、RC1配布による大規模なユーザー検証の施策、およびデモを交えた改善機能の紹介を行った。

 最初に登壇したWindows本部本部長のジェイミソン氏より、まずWindows Visaのタイムラインの確認があった。今年11月の企業向け提供および来年1月の一般向け提供は予定通りであるとし、開発および出荷準備が順調に進んでいることを強調した。

 またRC1がVistaのリリースにおける重要なマイルストーンであるとし、今年5月にリリースしたBeta 2からは安定性、パフォーマンスの点で大幅に改善されたこと、そして開発パートナーにはRC1での互換性テストを実施し、製品版のリリースに備えてほしいと語った。

 また同時に、開発者、企業のIT部門の管理者、およびスキルの高い個人ユーザーを対象とした今までにない規模「カスタマー プレビュー プログラム(CPP)」を行うとし、CPP登録者に加え、全世界であらたに150万部の新規登録を近日中に開始、10月には一部PC専門誌での配布も開始するとのことであった。

 次に、Widows本部 ビジネスWindows製品部 シニアプロダクトマネージャの飯島氏より、RC1の改善点について説明があった。主な改善点として挙げられたのは以下のとおり。

 パフォーマンスとセキュリティ関連の主な改善点は、デスクトップ検索のインデックス作成を始めとするシステムパフォーマンスの向上、Internet Explorer 7の一部日本語検索エンジンの文字化けと日本語ドメインアクセス時制限の問題解決、保護者による制限機能の変更、BitLockerドライブ暗号化のTPM(Trusted Platform Module)推奨、そしてBeta版でもっともフィードバックの多かったユーザーアカウント制御におけるPopupタイミングの変更。

 マルチメディアとネットワーク関連の主な改善点は、Windows Media Centerの操作音/ユーザーインタフェースの改善、Windowsフォトギャラリー/Widows DVDメーカー/Widowsムービー メーカーのユーザーインタフェースの改善、Windowsミーティングスペースのパスワード入力に関する企業のセキュリティポリシー準拠、標準サポートドライバのBeta 2からの大幅追加(RC1は約18,000種類をサポート)。また、RC1においてCertified for Windows Vistaロゴプログラムも開始予定とのことであった。

 まだデモを交えた新機能も紹介された。1つめは、「ウェルカムセンター」内にWindows Liveが統合された点。2つめは、「ガイドヘルプ」に従来のテキストベースのヘルプに加え、インタラクティブなガイドが提供された点。RC1の時点では問い合わせの多かった上位30の項目をガイドヘルプ化しているが、以降のバージョンではWindowsアシスタントオンラインにて順次、追加予定である。3つめは、「パフォーマンスモニタ」がリソースごとのリアルタイム監視が可能になった点と、「信頼性モニタ」がシステムの信頼性にかかわるイベント追跡が可能になった点。最後はWidows Server 2003で開発された「ボリュームシャドーコピー」がVistaに標準搭載される点だ。

 なおマイクロソフトのWebサイト内「Microsoft Windows Vistaホーム」ページにてシステム要件や各エディションの説明が提供されており、CPPの追加登録の受付も同ページからリンクされているページから近日中に可能になるとのことであった。
《柏木由美子》

関連ニュース

特集

page top