日立LG、4倍速記録のBlu-ray Discドライブを開発 | RBB TODAY

日立LG、4倍速記録のBlu-ray Discドライブを開発

IT・デジタル ノートPC

 日立エルジーデータストレージ(日立LG)は25日、業界初の4倍速記録が可能なPC内蔵型ハーフハイトサイズBlu-ray Discドライブ「GBW-H10N」を開発し、7月下旬に生産を開始すると発表した。

 GBW-H10Nは、BD-R、BD-RE各ディスクの記録・再生、BD-ROMの再生、記録型DVD全フォーマット(DVD-RAM/R/RW、+R/RW)の記録・再生、CD-R/RWの記録・再生、DVD-ROM、CD-ROMの再生を実現したスーパーマルチ対応Blu-ray Discドライブ。PC内蔵型ドライブで、インターフェースはATAPI。OEM製品として供給される予定だ。

 144Mbpsもの高速データ転送を可能とするレーザドライバICの開発、4倍速に対応した高出力ブルーレーザーの採用、記録ストラテジの最適化により、BD-Rの4倍速記録を実現したほか、2倍速記録でも記録時間を半減した。また、高速な再生信号を適応等化/適応ビタビ復号技術を利用して低エラー再生を実現し、BD-ROMやBD-Rで最大4.8倍速のCAV高速再生に対応。さらに、高機能光ヘッドと各種記録フォーマットに対応する高度な信号処理を実現するDSPを開発し、従来のスーパーマルチドライブで蓄積してきたライトストラテジー内蔵LDドライバ、バッファーアンダーランエラー防止機能などを採用し、安定した記録再生品質を備える。
《富永ジュン》

特集

page top