松下、薄型テレビ「VIERA」と「VIERA Link」により連動可能なホームシアターシステム | RBB TODAY

松下、薄型テレビ「VIERA」と「VIERA Link」により連動可能なホームシアターシステム

 松下電器産業は、「VIERA Link」に対応した5.1chホームシアターサウンドセット「SC-HT6500」およびAVコントロールアンプ「SU-XR700」を9月1日に発売する。

IT・デジタル テレビ
VIERA Link対応の5.1chホームシアターサウンドセット「SC-HT6500」
  • VIERA Link対応の5.1chホームシアターサウンドセット「SC-HT6500」
  • VIERA Link対応のAVアンプ「SU-XR700」
 松下電器産業は、同社の薄型大画面テレビ「VIERA(ビエラ)」とHDMIケーブルで接続することにより連動操作が可能になる「VIERA Link」に対応した、5.1chホームシアターサウンドセット「SC-HT6500」および、デジタルAVコントロールアンプ「SU-XR700」を9月1日に発売する。価格はいずれもオープン。

 SC-HT6500は、フロントスピーカーに世界初となる「リアルセンター」方式を採用したサラウンドスピーカー部と、アンプ部としてSU-XR700を組み合わせたホームシアターシステム。リアルセンター方式とは、独自の音場制御技術によるセンタースピーカーを左右のフロントスピーカーに内蔵したもので、独立したセンタースピーカーの設置が不要なのが特徴。これにより、テレビの真正面に座っていなくても画面の中からセリフやボーカルが聞こえる、という効果をもつとしている。

 アンプ部となるSU-XR700は、同社の大型液晶テレビ「VIERA」やDVDレコーダー「DIGA」とHDMIケーブルで繋ぐことにより連動操作が可能になる「VIERA Link」に対応しており、いちいち各機器のリモコンを操作することなくDVDなどを楽しめるのが特徴となっている。

 また、デジタル処理による高音質も特徴としており、HDMI入力であれば、DVD-Audioの「192kHz/2ch」および「96kHz/マルチch」を、デジタルのまま入力可能となっている。なお、デジタル入力された信号はアンプ出力段まで完全デジタル化されており、スピーカー出力端子で初めてアナログ信号として取り出されるという。

 このほか、デコーダー機能では、ドルビープロロジックIIx、ドルビーデジタルEX、DTS-ESの6.1chデコーダーに加え、高音質デコーダー「DTS 96/24」も搭載。また、スピーカー出力では、5.1chにサラウンドバックスピーカ—を左右に加えた7.1chにも対応するなど、拡張性の高いものとなっている。

 スピーカーおよびアンプ部の主なスペックは以下のとおり。

■SC-HT6500「スピーカー部」
●フロントセンタースピーカー
・本体サイズ:幅279×高さ1,422×奥行279mm(スタンド含む)
・重さ:11.4kg(スタンド含む)
 ※壁掛け可能
○フロント部
・型式:3ウェイ4スピーカー バスレフ型
・使用スピーカー:8cmコーン型×2本、2.5cmドーム型×1本、1.2cmドーム型×1本
・インピーダンス:6Ω
・再生周波数帯域:65Hz〜100kHz(-16dB)、75Hz〜90kHz(-10dB)
・許容入力(IEC):200W(MAX)、100W(RATED)
○センター部
・型式:3ウェイ3スピーカー バスレフ型
・使用スピーカー:8cmコーン型×1本、6.5cmコーン型×1本、2.5cmドーム型×1本
・インピーダンス:12Ω
・再生周波数帯域:65Hz〜50kHz(-16dB)、75Hz〜40kHz(-10dB)
・許容入力(IEC):100W(MAX)、50W(RATED)

●サラウンドスピーカー 
・型式:2ウェイ3スピーカー バスレフ型
・使用スピーカー:8cmコーン型×2本、2.5cmドーム型×1本
・インピーダンス:6Ω
・再生周波数帯域:65Hz〜50kHz(-16dB)、75Hz〜40kHz(-10dB)
・許容入力(IEC):200W(MAX)、100W(RATED)
・本体サイズ:幅279×高さ1,422×奥行279mm(スタンド含む)
・重さ:9.2kg(スタンド含む)
 ※壁掛け可能

●アクティブサブウーハー
・型式:1ウェイ2スピーカーシステム(バスレフ型)
・使用スピーカー:17cmコーン型×2本
・再生周波数帯域:28Hz〜300Hz(-16dB)、32Hz〜240Hz(-10dB)
・アンプ部定格出力:100W(6Ω)×2
・入力感度/インピーダンス:300mV/33kΩ
・本体サイズ:幅254×高さ496×奥行500mm(台座含む)
・重さ:22kg

■デジタルAVコントロールアンプ「SU-XR700」

●アンプ部
・実用最大出力(サラウンドモード、各ch動作時):全チャンネルともに100W(6Ω、JEITA)
 チャンネル:フロント(L/R)、センター、サラウンド(L/R)、サラウンドバック(L/R)
・周波数特性
 CD、DVD、DVDレコーダー、ビデオデッキ、TV、外部入力:4Hz〜88kHz(±3dB)
 DVD(6CH、2CH):4Hz〜44kHz(±3dB)
・S/N比
 CD、TV、DVD、DVDレコーダー(DIGITAL INPUT):103dB

●入出力端子
○HDMI:入力×2、出力×1
○音声部
・デジタル入力:光2(TV・DVDレコーダー)、同軸2(DVDプレーヤー・CD)
・アナログ入力:DVD(6CH、2CH)、DVDレコーダー、ビデオデッキ、TV、CD、外部入力
・アナログ出力:サブウーハープリアウトスピーカー出力 
○映像部
・ビデオ入力:DVD、TV、ビデオデッキ、DVDレコーダー、外部入力
・ビデオ出力:TVモニター出力
・S映像入力:DVD、TV、DVDレコーダー、外部入力
・S映像出力:TVモニター出力
・コンポーネント入力:TV、DVDレコーダー
・コンポーネント出力:TVモニター出力

●総合
・消費電力:240W
 電源スタンバイ時の消費電力:約0.7W
 省待機電力モード時の消費電力:約0.3W
・本体サイズ・重さ:幅430×高さ107.5×奥行390mm、約5.3kg
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top