NTTドコモ、フルキーボードを搭載した法人向けのWindows Mobile搭載端末を開発 | RBB TODAY

NTTドコモ、フルキーボードを搭載した法人向けのWindows Mobile搭載端末を開発

ブロードバンド その他

 NTTドコモは、台湾High Tech Computer(HTC)と共同で、法人向けのWindows Mobile端末「hTc Z」を開発したと発表した。Windows ServerやExchange Serverとの連携による業務支援が想定されている。
  •  NTTドコモは、台湾High Tech Computer(HTC)と共同で、法人向けのWindows Mobile端末「hTc Z」を開発したと発表した。Windows ServerやExchange Serverとの連携による業務支援が想定されている。
 NTTドコモは、台湾High Tech Computer(HTC)と共同で、法人向けのWindows Mobile端末「hTc Z」を開発したと発表した。Windows ServerやExchange Serverとの連携による業務支援が想定されている。

 hTc Zは、Windows ServerやMicrosoft Exchange Server 2003 SP2との連携による「Direct Push」に対応しているのが特徴。メールやスケジューラなどの新着情報がリアルタイムで、プッシュ配信される。

 約2.8インチの画面はタッチパネルになっているほか、スライド式のフルキーボードを使った文字の入力も可能だ。

 通信機能としては、W-CDMAをはじめGSM/GPRSを搭載し、国際ローミングも可能だ。ほか、Bluetooth、IEEE802.11b/g、IrDA(赤外線ポート)を搭載する。

 なお、7月19日(水)から21日(金)に東京ビッグサイトで開催される「ワイヤレスジャパン2006」のドコモブースにて展示される。

■hTc Zの主な仕様
●寸法:高さ約112.5mm×幅約58mm×厚さ約22mm
●質量:約176グラム(電池パック、スタイラスを含む)
●連続待受時間
 W-CDMA使用時:約180〜250時間
 GSM使用時:約200時間
●連続通話時間
 W-CDMA使用時:約120〜240分
 GSM使用時:約240〜300分
●通信方式
 3G(W-CDMA)
 GSM
 GPRS
 ワイヤレスLAN(IEEE802.11b/g)
●ディスプレイサイズ:約2.8インチ(240ドット×320ドット)
●TFT透反射型液晶:65,536色表示
●外部接続機能
 IrDA
 microSDTMメモリカードスロット
 Bluetooth Ver.2.0(HSP/HFP/OPP/DUN など)
 mini USBコネクタ(USB 2.0)
●カメラ機能
 外側:200万画素CMOSカメラ(マクロ機能付き)
 内側:10万画素CMOSカメラ
●メモリ:フラッシュメモリ: 128MB
●ワークエリア: SDRAM 64MB
●入力機能
 スライド式QWERTYキーボード
 タッチパネル
 ジョグホイール
 OS:Microsoft Windows Mobile 5.0 software for Pocket PC Phone Edition 日本語版(MSFP対応)
●主なアプリケーション
 Pocket Outlook
 Internet Explorer Mobile
 Office Mobile
 Windows Media Player 10 Mobile
 PDF Viewer
●主な付属品
 ACアダプタ
 USB接続ケーブル
 電池パック
 USBステレオイヤホンマイク
 キャリングケース
《安達崇徳》

関連ニュース

特集

page top