インターネットバンクで不正取引。Winnyを経由して自らのIDとパスワードが流出か? | RBB TODAY

インターネットバンクで不正取引。Winnyを経由して自らのIDとパスワードが流出か?

 但馬銀行は、インターネットバンクサービスにおいて不正取引があったと発表した。

エンタープライズ その他
 但馬銀行は、インターネットバンクサービスにおいて不正取引があったと発表した。

 不正取引の被害にあった顧客のPCにはWinnyがインストールされており、ウイルスに感染。保存していた自らのIDとパスワードが流出し、不正取引に利用された可能性が高いとしている。

 同行では、顧客に対してWinnyを速やかに削除するとともに、セキュリティ対策ソフトをインストールし最新のファイルにアップデートするように呼びかけている。
《安達崇徳》

関連ニュース

特集

page top