マイクロソフト、次期Office「2007 Office system」の日本語版ベータ2を評価向け提供 | RBB TODAY

マイクロソフト、次期Office「2007 Office system」の日本語版ベータ2を評価向け提供

IT・デジタル その他

2007 Office system Excel画面
  • 2007 Office system Excel画面
  • 2007 Office system Word画面
 マイクロソフトは、次期 Microsoft Office 製品「the 2007 Microsoft Office system(2007 Office system)」の日本語版ベータ2を、ユーザーの早期評価のために、本日より、Webダウンロードにて提供を開始する。

 2007 Office systemは2006年第四半期に発売予定で、次世代のワークスタイルを実現するために、大幅な機能強化と新たな製品を加えた統合システムだとしている。

 ExcelやWordなどのデスクトップ製品では、結果指向型ユーザインターフェースへの刷新、高度なグラフィック処理を可能とする新エンジンの採用、標準的にデータ交換を可能にするXMLフォーマットの採用などの改良が行われる。また、新たなコラボレーションツールとして「Microsoft Office Groove 2007」を提供する。

 サーバー製品では、企業におけるコンプライアンスやワークフローなどに対応するために大幅に強化された「Microsoft Office SharePoint Server 2007」と、フォームソリューションを実現する「Microsoft Office Forms Server 2007」を新たにラインナップに加え、企業規模でのコラボレーション、エンタープライズ・コンテンツマネージメント、ビジネスインテリジェンス等のソリューションプラットフォームを提供するという。

 提供開始は2006年5月24日(水)で、提供方法はWebサイトからのダウンロードのほか、同じサイトからCD/DVDキット(実費1,575円)を注文できる。CD/DVDキットの発送は6月中旬以降となる予定。

 提供製品は次のとおり。

■2007 Office system日本語版ベータ2提供製品

●Microsoft Office Professional Plus 2007
 -Microsoft Office Access 2007
 -Microsoft Office Excel 2007
 -Microsoft Office InfoPath 2007
 -Microsoft Office Outlook 2007
 -Microsoft Office PowerPoint 2007
 -Microsoft Office Publisher 2007
 -Microsoft Office Word 2007
●Microsoft Office SharePoint Designer 2007
●Microsoft Office Visio Professional 2007
●Microsoft Office Project Professional 2007
●Microsoft Office OneNote 2007
●Microsoft Office Groove 2007
●Microsoft Office InterConnect 2007
●Microsoft Office SharePoint Server 2007
●Microsoft Office Groove Server 2007
●Microsoft Office Project Server 2007
●Microsoft Office Forms Server 2007(ダウンロード提供のみ)
《小笠原陽介》

関連ニュース

特集

page top