松下、PC用の内蔵型Blu-ray Discドライブや片面2層50Gバイト対応のBD-R/REを発売 | RBB TODAY

松下、PC用の内蔵型Blu-ray Discドライブや片面2層50Gバイト対応のBD-R/REを発売

IT・デジタル ノートPC

PC用の内蔵型Blu-ray Discドライブ「LF-MB121JD」
  • PC用の内蔵型Blu-ray Discドライブ「LF-MB121JD」
  • LF-MB121JDの内部構造
  • LF-MB121JDのピックアップシステム
  • PCデータ用の2倍速Blu-ray Disc「BD-RE(書き換え型)」「BD-R(追記型)」
  • ブラックフロントパネルモデル(参考出品)
  • ハーフハイトモデル(参考出品)
  • スロット式スリムドライブ(参考出品)
  • トレー式スリムドライブ(参考出品)
 松下電器産業は21日、PC用の内蔵型Blu-ray Discドライブ「LF-MB121JD」を6月10日に発売すると発表した。価格はオープンで、実売予想価格は10万円前後。

 LF-MB121JDは、1層25Gバイト/片面2層50Gバイト対応のBD-R/REやBD-ROMなどBDフォーマットをサポートするだけでなく、DVD±R DL対応のDVDスーパーマルチ、各種CDなどのフォーマットをサポートし、幅広い互換性を実現しているのが特徴だ。

 転送速度は、BD-R/REが2倍速、DVD±R/+RWが8倍速、DVD-RWが6倍速、DVD±R DLが4倍速、CD-Rが24倍速、CD-RWが16倍速、DVD-ROMが8倍速、CD-ROMは32倍速となる。バッファ容量は8Mバイト。

 本製品は、DVD作成・編集ソフト「PowerProducer 3」、DVDプレーヤー「PowerDVD 6」、バックアップソフト「PowerBackup 2」、ライティングソフト「Power2Go 5」、パケットライトソフト「InstantBurn 5」など、Blu-ray対応ソフトを同梱する。対応OSは、Windows XP/2000。

 必要スペックは、CPUがPentium III 700MHz以上(1GHz以上推奨)、メモリが128Mバイト以上、HDD空き容量は10Gバイト以上。ディスプレイは、XGA(1,024×768ドット)/65,000色表示以上となっている。

 また、PCデータ用(ノンカートリッジタイプ)の2倍速Blu-ray Disc「BD-RE(書き換え型)」「BD-R(追記型)」を4月28日に発売すると発表した。いずれも高感度記録膜により、最大72Mbps(2倍速)の高速転送を実現している。価格はオープン。実売予想価格は、書き換え型の25Gバイトタイプ「LM-BE25D」が2,500円、書き換え型の片面2層50Gバイトタイプ「LM-BE50D」が6,000円、追記型の25Gバイトタイプ「LM-BR25D」が1,800円、追記型の片面2層50Gバイトタイプ「LM-BR50D」が4,300円。

 さらに、記者発表会場では、さまざまなPC用の内蔵型Blu-ray Discドライブも参考出展していた。
《高柳政弘》

関連ニュース

特集

page top