キヤノン、光学手ブレ補正+ISO800対応の600万画素デジカメ「PowerShot S3 IS」 | RBB TODAY

キヤノン、光学手ブレ補正+ISO800対応の600万画素デジカメ「PowerShot S3 IS」

IT・デジタル デジカメ

PowerShot S3 IS
  • PowerShot S3 IS
  • PowerShot S3 IS(背面)
 キヤノンは、光学手ブレ補正機能付き12倍ズームレンズとISO800の高感度撮影機能を搭載した600万画素デジタルカメラ「PowerShot S3 IS」を4月27日に発売する。価格はオープンで、実売予想価格は5万円前後。

 PowerShot S3 ISは、前モデルの光学12倍ズームレンズをはじめ、USM(超音波モーター)による高速/静音ズーム駆動や映像エンジン「DIGIC II」はそのままに、補正精度をさらに追求したレンズシフト式手ブレ補正機構を搭載したほか、CCDの高画素化(500万画素から600万画素)とバリアングル液晶ディスプレイの大型化(1.8型から2.0型)が図られたモデル。

 また、最高ISO 800相当まで自動的に感度アップを行う「高感度オート」を新たに採用しており、手ブレだけではなく被写体ブレが発生しやすい撮影シーンにも対応。さらに、動きの速い被写体の連続撮影に最適な「スポーツ」の新設により22とおりに拡充した撮影モードに加え、撮影後の画像に対しても簡単に色変換/強調が行える「レタッチマイカラー」の搭載など、機能面でもより一層の充実が図られている。

 動画機能としては、高品位なステレオ音声とVGA・30フレーム/秒の滑らかで高画質な映像により、ビデオカメラにも迫る本格的な動画撮影を楽しめるのに加え、記録モードにはQVGA(320×240画素)・60フレーム/秒を追加した計5とおりから選択できるようになっている。

 さらに、動画撮影中でも操作が可能な光学ズームや、動画撮影中の静止画撮影を可能にする「フォト・イン・ムービー」機能、どのモードからでもボタン1つで撮影を開始できるムービーボタンなど、動画撮影の楽しさを広げる機能を数多く搭載したという。

 本体サイズは幅113.4×高さ78.0×奥行き75.5mm、重さは約410g。記録媒体はSDメモリーカードおよびMMCに対応し、製品には16MバイトのSDメモリーカードが付属する。電源は単3形電池4本での駆動となっており、製品にはアルカリ乾電池が付属。撮影可能枚数はアルカリ乾電池で約110枚、別売りのニッケル水素電池では約550枚となっている。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top