最大2TBの大容量HDDを構築可能な外付けHDDケースキット「デコバコ」が発売 | RBB TODAY

最大2TBの大容量HDDを構築可能な外付けHDDケースキット「デコバコ」が発売

IT・デジタル ノートPC

デコバコ(DC-ACSP1)正面
  • デコバコ(DC-ACSP1)正面
  • デコバコ(DC-ACSP1)背面
  •  外付けハードディスクケースキット「デコバコ(DC-ACSP1)」が、4月中旬にDIGITAL COWBOYから発売される。価格はオープンプライスで、予想実売価格は14,000円前後。
  •  外付けハードディスクケースキット「デコバコ(DC-ACSP1)」が、4月中旬にDIGITAL COWBOYから発売される。価格はオープンプライスで、予想実売価格は14,000円前後。
 外付けハードディスクケースキット「デコバコ(DC-ACSP1)」が、4月中旬にDIGITAL COWBOYから発売される。価格はオープンプライスで、予想実売価格は14,000円前後。

 デコバコは、3.5インチHDDを最大4台まで搭載可能なアクリル製HDDケースだ。4台分のHDDを1台のデバイスとして認識できる「ASモード」を使用すれば、最大2TBもの大容量HDDが構築できるのが最大の特徴。IDE変換チップには、ワークビット社製「ERI2」が搭載されている。なお、キット内に用意されているのはアクリル製ケースと基板のみで、HDDや冷却ファン、ATX電源ユニットはユーザーが各自で好きなものを取り付けて完成させる。

 動作モードは前述のAIモードのほか、すべてのHDDを個別認識する「AIモード」、2台ずつ合計2デバイスとして認識する「DSモード」、4台中2台のみを1デバイスとして認識し、他の2台をそれぞれ個別認識する「ISモード」、「SIモード」の5パターンが用意されている。

 インターフェイスはUSB 2.0/1.1とIEEE1394、本体サイズは261(W)×255(D)×192(H)mm。対応OSは、Windows XP/2000となっている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top