Intel MacでWindows XPが動く! アップルが「Boot Camp」のパブリックβを公開 | RBB TODAY

Intel MacでWindows XPが動く! アップルが「Boot Camp」のパブリックβを公開

IT・デジタル ノートPC

 アップルコンピュータは、IntelのCPUを搭載したMacでWindows XPを動作させる「Boot Camp」(ブートキャンプ)のパブリックβを公開した。次期OSのMac OS X 10.5にて、搭載される予定の機能の1つだ。
  •  アップルコンピュータは、IntelのCPUを搭載したMacでWindows XPを動作させる「Boot Camp」(ブートキャンプ)のパブリックβを公開した。次期OSのMac OS X 10.5にて、搭載される予定の機能の1つだ。
 アップルコンピュータは、IntelのCPUを搭載したMacでWindows XPを動作させる「Boot Camp」(ブートキャンプ)のパブリックβを公開した。次期OSのMac OS X 10.5にて、搭載される予定の機能の1つだ。

 Boot Campでは、HDD上にWindowsをインストールするためのダイナミックなパーティションを作成。Windows用に必要なドライバを含むCDを作成し、MacへのWindows XPのインストールが簡単に行えるようになる。さらにMacを立ち上げるときに、Mac OS XまたはWindowsのどちらを利用するかが選択できる。

 同社のワールドワイドプロダクトマーケティング担当シニアバイスプレジデントのフィリップ・シラーは、「アップルは、Windowsを販売またはサポートすることについての計画も意向も持っていませんが、MacがIntelのプロセッサを使うようになったことで、多くのお客様がWindowsをアップルの優れたハードウェアで使うことに関心を示されています。Boot Campは、Macへの乗り換えを考えているWindowsユーザに対して、Macをより魅力的にするものであると、私たちは考えています」としている。

 Intel MacがWindows PCになるということは、ユーザにとっては、選択肢が増えるため非常に歓迎すべきことだ。しかし、Windows PCを提供するメーカにとっては、大きな脅威となるだろう。
《安達崇徳》

特集

page top