YOZAN、無線LAN事業におけるライブドアとの契約を解除 | RBB TODAY

YOZAN、無線LAN事業におけるライブドアとの契約を解除

ブロードバンド その他

 YOZANは、無線LAN接続事業においてライブドアとの契約を解除すると発表した。2005年9月12日に基本契約を締結し協議を重ねてきたが、ライブドアから契約の解除を受けたとしている。なお、最終的な発注には至らなかった。

 この基本契約は、ライブドアが提供している無線LAN接続サービス「livedoor Wireless」に対して、YOZANがアクセスポイントを提供するというもの。

 この契約の解除に伴い、YOZANの2005年4月〜2006年3月通期の業績予想が修正された。ここでは、ライブドアとの契約で見込まれていた売上げ約7.4億円が減少するとされている。これらが影響し、当期純損失は66.18億円になる見込み。

 なお、ライブドアファイナンスが保有するYOZANの転換社債型新株予約権付社債については、本日付で借り入れ消却が完了した。これにより、資金でも事業面でもYOZANとライブドアグループのつながりはなくなったとしている。
《安達崇徳》
page top