ミネベア、中国でのPC用キーボード合弁事業を解消 合弁会社を100%子会社化 | RBB TODAY

ミネベア、中国でのPC用キーボード合弁事業を解消 合弁会社を100%子会社化

IT・デジタル ノートPC

 ミネベアとハンシングループ(本社シンガポール法人Huan Hsin Holdings)は2日、中国でのキーボード合弁事業を解消することに合意した。

 ミネベアとハンシングループは、シンガポール合弁会社のSheng Ding Pte(SDP)を設立し、その合弁会社が中国に設立した子会社の上海順鼎科技(Shanghai Shunding Technologies)においてPC用キーボードを生産してきた。

 ミネベアは、ハンシングループの所有するSDP全株式(発行済み株式の40%、取得価格80万ドル)を買い取り、100%子会社とする。
《竹内充彦》

特集

page top