デノン、エントリークラスのプリメインアンプ/CDプレーヤー/アナログプレーヤー | RBB TODAY

デノン、エントリークラスのプリメインアンプ/CDプレーヤー/アナログプレーヤー

IT・デジタル その他
PMA-390AE
  • PMA-390AE
 デノンコンシューマーマーケティングは、同社のエントリークラスサウンドシステムの新ラインアップとして、プリメインアンプ「PMA-390AE」、CDプレーヤー「DCD-755AE」、フルオートアナログプレーヤー「DP-300F」を3月中旬に発売する。価格はすべて45,150円。カラーバリエーションとして、PMA-390AEとDCD-755AEはプレミアムシルバーとブラックの2色、DP-300Fはプレミアムシルバーのみを用意する。

 プリメインアンプ「PMA-390AE」は、同社のピュアコンポアンプの思想を受継ぐ「HC(Hight Current)シングルプッシュプル回路」を搭載し、繊細さと力強さの両立を継承した製品。電源回路にも上級機種と同様の「ショットキーバリアダイオード」と高音質「ブロックコンデンサー」のコンビネーションを採用し、優れたパフォーマンスを実現しているほか、アナログ系とコントロール系を巻線から分離した電源部や、シグナルレベルに応じて回路を理想的に分離し干渉を抑えた回路デザイン、各種高音質パーツの採用など、実績ある設計手法を駆使。価格的にはエントリークラスながら強力なモデルとして仕上げているという。

 また、外観にも上級機種である「SAシリーズ」の流れを汲んだ「AE(Advanced Evolution)シリーズ」として、曲線を使ったプレミアムデザインのアルミフロントパネルを採用している。

 なお、入出力には将来のグレードアップに対応したプリアウト端子が装備されているほか、アナログレコードプレーヤーを接続できるPHONOイコライザーアンプが搭載されている。

 CDプレーヤー「DCD-755AE」は、同社のデジタルオーディオ技術で培われた理想のアナログ波形再現技術である「AL24 Processing」を、エントリークラスに初めて搭載した製品。CDに込められた微細な音楽情報を24bitクォリティーで再現できるとしている。
 また、デジタルオーディオの心臓部である「D/Aコンバーター」にも上位機種の技術を継承した「24bitD/Aコンバーター」を採用。さらに、シャーシ構造は回路や部品間の干渉を抑えた配置を採用しながら、剛性の確保と重量バランスの最適化が図られているという。
 外観はPMA-390AEと同様に、曲線を使ったプレミアムデザインのアルミフロントパネルを採用。PMA-390AEと合わせることで、「DENONのピュアオーディオ、プレミアムデザインラインナップの完結となります」と同社では発表している。

 アナログプレーヤー「DP-300F」は、エントリークラスのフルオートプレーヤーながら、光沢塗装仕上げの厚肉成形キャビネットと、アルミの質感も良いダイカストターンテーブルを採用した製品。

 針圧調整やアンチスケーティング機能を有した本格設計のストレートアームを搭載しているため、付属のカートリッジのほか、市販のカートリッジに交換可能なことに加え、フルオートながらマニュアルアームリフターも装備。また、ON/OFFの切り替えができるPHONOイコライザーを内蔵しているため、PHONO端子のないミニコンポやプリメインアンプにもダイレクトに接続可能となっている。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top