3Gの上りを高速化させる「HSUPA」。Nortel、1.4Mbpsのアップリンク接続に成功 | RBB TODAY

3Gの上りを高速化させる「HSUPA」。Nortel、1.4Mbpsのアップリンク接続に成功

ブロードバンド その他
 Nortelは、第3世代携帯電話(3G)の技術である「HSUPA」を用いて、上り1.4Mbpsでの接続に成功したと発表した。スペインのバルセロナで開催されている「3GSMWorld Congress」にて、デモンストレーションが行われている。

 HSUPAは、「High Speed Uplink Packet Access」の略称で、3Gにおいて上りの通信速度を高速化させる技術。ネットワークの特性上、下りを高速化させる「HSDPA」(High Speed Downlink Packet Access)よりも、実現が難しいとされている。

 デモンストレーションでは、Nortelの基地局と、Aeroflex社製TM500ハンドセットシミュレータを使用。それぞれ、アップリンクは1.4Mbpsで接続されている。これにより、モバイル端末の間で、動画ストリーミング、リアルタイムの高品位モバイルゲーム、大容量ファイルの交換などが行えるとしている。

 このHSUPA技術だが、2007年ごろからHSDPAの商用ネットワークに組み込まれていくとしている。
《安達崇徳》

特集

page top