富士写、イメージング部門5,000人削減 デジカメは高感度モデルを中核に | RBB TODAY

富士写、イメージング部門5,000人削減 デジカメは高感度モデルを中核に

IT・デジタル デジカメ

 富士写真フイルムは31日、カラーフィルムなどのイメージング関連部門の人員を5,000人削減すると発表した。同社連結売上高の3割を占めるイメージングソリューション部門については、カラーフィルムの需要減少、デジタルカメラ市場の成長鈍化による競争激化が進み、今後も厳しい市場環境は継続し、さらなるマイナス影響が見込まれることから、研究開発・生産・販売流通のすべての構造を改革する施策を定めた。カラーフィルムなど写真感光材料の事業体制を最適化し、同関連部門の人員を5,000人削減する。これに伴うリストラ費用として、2006年3月期と07年3月期に総額約1,650億円を計上する予定。

 また、デジタルカメラ事業の構造改革として、高感度路線を中核とした特徴ある商品ラインアップの強化、国内生産体制の縮小と中国量産体制の確立、徹底的な経費削減とトータル在庫削減を行うとしている。
《高柳政弘》

特集

page top